Torrentを始めると、24時間通信しっぱなしとかありえるんですが、
PCだけじゃなくルータにもかなり負担をかけまくります

だいたい、ルータのうたい文句であるスループットだけじゃTorrentでの速度やなんかは一概には言えない。

そりゃ1:1のダウンロードじゃ速度も出ましょう
でもね、Torrentで大事なのは個々のピアとの通信なのであって、そういう場合に出てくるのがルータのチップの性能にかかわってくる訳ですよ。

安いルータでフィルタいっぱいつけると遅くなるのと基本原理は一緒だから、いっぱいの通信相手と同時の処理を始めるとどこかで破綻する、少なくともうちのルータはw

うちの場合、UP/DOWNを無制限に開放して10タスクくらいの旬なモノをやってしまうと、あっという間に上下3Mを超えたりする。
で、そんな時どうなるかって言うと・・・まず無線が切れる
そして、有線でも他のPCからメールやブラウジングが出来ない、または激しく遅い状態になる。

これは、わかっている人からすれば、「あったりまえじゃん」てな事なんですけど、初心者だとあせったりすることじゃないですかね?

そんな訳でTorrentを行う際は、

 むやみに同時に動かすタスクを増やさない
 スケジューラを使って上手に帯域制限をする
 自分の環境の同時接続のピア数の最適数を調整しつつ作る

なんていうことをしていかないと、ルータの寿命すら縮めちゃいうし、家族で使ってる場合は「誰だ!」なんて事にも・・・

uTorrentでは

 オプション>設定>接続(上下の帯域設定)
 オプション>設定>ビットトレント(各タスクでのピア等の設定)
 オプション>設定>スケジューラ(曜日・時間帯毎の帯域設定)

等の詳細な設定が可能です。


2007-08-25 23:22 | Torrent使用上の注意 | COM(0) | TB(0) |
トレントのクライアントっていっぱいあるんですが、
偽者や新しいものには十分注意しましょう。基本的にTorrentに関するソフトはほとんどがフリーウェアです。

もともと違法スレスレ(いや、限りなく黒w)なP2P業界でありますから、やはりモラルも同じようなものなんでしょうか?

調べていたら

 Torrent101
 BitRoll
 TorrentQ


という悪質なTorrentクライアントが存在しているらしい

まぁ注意のところにも書いてあるんだけど、インストールという行為は非常にリスクの高いものであるわけで、周りから安全と評価されていないものは気をつけなさいということですね。

因みに上の3つはマルウェア(ウィルスやアドウェア、トロイの木馬、スパイウェア等を含んだソフト)と認定されているので、手を出しちゃダメですよ!

2007-08-25 23:16 | Torrent使用上の注意 | COM(0) | TB(0) |
Torrentを始めて、最初に悩むのはまずスピードに関してでしょうかね?

一番大事なのはそのTorrentがどのような状態であるかということ

 トラッカーは生きているか?
 シーダー・ピアの数は?
 シーダー・ピアはどこの国?
 可用性・健康度はどれくらい?


これらがスピードにガッツリ関係してきます。

 ピアやシーダーが少なければ、まず速度は出ないと思ってください
 シーダー・ピアの相手が低速であればやはり速度は出ません
 可用性・健康度が1(100%)以下の場合いくら待っても
 落ちてはきません


因みに私のところでは活きのよいTorrentだと平気で2MB/sとか3MB/sを超えます(これが速いかどうかは別として私的にはこんなものかなと思ってます)が、寂れたトレントはやはり一桁とかもあります。

Torrentは何でも欲しいものが、高速で手に入るというものではなく、みんなが欲しいものをみんなで共有しあうソフトだということを理解することによって、ある程度速度には割り切ることが出来るようになると思います。

が、それでも速度は重要なので。最後に自分のPCとそれを取り巻く環境による問題はきっちり解決しておきましょう。

自分の所の環境を調べる

BNRスピードテスト
http://www.musen-lan.com/speed/

大体がわかれば良いのでサイトはどこでもいいと思います。
当然ですが「上り」「下り」を両方調べます。
※下りがダウンロード、上りがアップロード速度に関連します。

光は上下速度同じとか言ってますが、実際図るとどうやらプロバイダが制限してるような結果が出たりもします。
うちの場合、下り30M。上り12Mくらい出てました。

ポートのチェックと設定

Torrentを行うに当たり、ポートが開放されてなければもてる速度を出し切ることが出来ませんので、ポートが空いているかを調べてみましょう。

uTorrentでは

オプション>スピードガイド (ショートカットはCtrl+G)で使用しているポートを調べられます。

p1.jpg


ぼかしが入っているところが今あなたのところで使用しているポート番号になります。
ここで、ポートフォーワードのテストをしてみてください。
ポートをチェックしてくれるサイトに繋がります。
http://www.utorrent.com/testport.php?port=XXXXX
(xxxxはあなたのポート番号になります)

ここでError!が出た人は
PC⇒ルータ⇒プロバイダ⇒インターネット
の間のどこかでポートが閉じられています。
ろくなスピードが出る訳ありません、がんばってポートを空けてください。

通常はPC⇒ルータ⇒の間の問題なのでセキュリティソフトやルータの設定を変更することでポートを開放することが出来ます。
主にルータの設定である場合がほとんどになります。
うちで使用しているCoregaのルータの場合、設定の中のバーチャルホストの項目でPCのローカルアドレスとポート番号を設定することによりポートが開きます。

まれにプロバイダがポートでの速度調整を行っている場合があります。
特に6881(初期値)なんかは危険な香りがするので、使われていないほかの番号にしてしまうのがよさげ。
ある日、急に速度が遅くなったりしたらポートの変更とか有効

最後に・・・
Torrentのダウンロードがあーんまり速すぎたり、山の様にTorrentを同時に実行させてるとHDDが逝っちゃうよww


2007-08-25 23:12 | Torrent使用上の注意 | COM(0) | TB(0) |
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク