インターネット上の脅威は日々進化している

その進化の度合いは、一般ユーザである私たちの想像を遙かに超え、セキュリティメーカーすら基本は出てきたものへのパターンファイルでの対応に追われている始末
#動作でのスキャンもあるけど誤検知や重さも含めて完璧とはい言いがたいってこと

じゃぁそのパターンの収集能力が強いところがいいんじゃね?ってことで私は緑のおっさん(カスペルスキー)の利用者なのだけど、緑のおっさんがスルーすることだって無い訳じゃない(実際にやられたこともあるしね)
なのでセキュリティソフトを複数同時起動で運用しようとすると、動作や速度で問題となるし、なにより一般的な人には同時インストールしてそれぞれがちゃんと動くようにお互いのソフトを設定するなんて難しいよ

そんな訳で今まではいいセキュリティソフトを使うってこと、アップデートを怠らないなんてことが安全を確保するために重要なことだったのだけど、ついにクラウド型のセキュリティソフトが出たよ・・・ってか去年から出てたんだけどカスペに対応してなかったんで見ないふりをしてたw

で、このクラウド型アンチウィルスソフト「gred AntiVirus アクセラレータ」はどういう動作をするかって言うと、

自らが検知したウイルス情報だけでなく、共存しているウイルス対策ソフトが検知した情報もクラウド上の「免疫情報コミュニティ」に送信します。つまり、あなたがお使いのウイルス対策ソフトでは検知されなかったウイルスの情報も「gred AV アクセラレータ」を使用していれば、瞬時に対応し、検知率をアップさせることが可能です。

※gred AntiVirus アクセラレータは、単体でのウイルス検知・駆除(感染ファイルの検疫のみ対応)を行います。さらに、他社製のウイルス対策ソフトをご利用している場合、そのソフトに「免疫情報コミュニティ」のパワーを追加します。

新検知エンジン「ETHOS(エトス)」を搭載
未知のウイルスの検知を行える、ヒューリスティック型エンジン「ETHOS(エトス)」をクラウド上に追加しました。「ETHOS(エトス)」は、ウイルスの様な動きをする、『振る舞い』を検知して判断するので、「免疫情報コミュニティ」に情報が登録されていない新種ウイルスの検知が可能です。


つまり自分の使ってるソフトで未対応でも、他のソフトが対応したウィルス情報に対応出来るって事らしい。対応しているソフトは以下(Ver.1.0.26)

ノートンアンチウイルス2009・2010
ノートンインターネットセキュリティ2009・2010
ノートン360 2009・2010
マカフィーインターネットセキュリティ
トレンドマイクロ ウイルスバスター2010
カスペルスキー インターネットセキュリティ(Ver.1.0.26くらいから対応になったっぽい)
ソースネクスト ウイルスセキュリティZero
Windows Live One Care
Microsoft Security Essentials
Avira AntiVir
BitDefender
Comodo Internet Security
PCTools Spyware Doctor
PCTools ThreatFire
PrevX
Sunbelt VIPRE AntiVirus + Antispyware
avast!
AVG

おおぅ、スゲー顔ぶれ
赤傘、緑のおっさん、Avast!、ノートン先生のウィルスデータベースが連携したと思えばその凄さが想像できよう。一部のソフトはこのソフトのおかげで弱さの克服に繋がるかもね

ちょっと独自のヒューリスティック型エンジンの動作が気になるけど、おおむね軽いみたいよ

従来のウイルス対策ソフトの課題であったPCの動作への影響を抑えるため、ファイルのチェックをクラウド上で行います。そのためCPUの負荷やメモリの使用量等は最小限で済みます。またチェックする際も、ファイルの一部(メタデータ)を送信するだけですので、ネットワークの負荷を抑えるだけでなく、ファイルの機密性も確保できます

あえて意地悪く言えば、ファイルの一部しか送らないので実行時スキャンとか仮想実行とかそういう機能はないし、漏れも発生する可能性はあるけど、あくまで今使っているソフトの補助としては優秀かと思う

ダウンロードはこちらから
https://www.gred.jp/avx/download.html

親切なインストール方法も記載されているので初心者にも安心?

既知のトラブル系としては、他のアプリのインストール時に失敗する場合、再起動後にgredAVを一時的に終了させてからインストールすることで解決するようです
#ヒューリスティック型エンジンがメインの場合、こういう部分が初心者には辛い罠

ちなみにカスペ2009環境にgredAVをインスコする際にも数回はカスペが反応してきてた

初回インストール終了時に実行中プロセス、起動プロセスなんかのチェックが走るけど30秒ほどで終わる、確かに速い
現在では13万弱のユーザがこのクラウドに参加していて12415774種類の脅威を共有できているそうだ

このgredAVはあくまでも補助的な、今使っているセキュリティソフトの補完という意味で使って初めて効果が出るソフトなので、これだけ入れて軽くて安心とか思っててもだめだと思うよ


異論がある人もいるとは思うけど、

 アンチウィルス
 ファイアーウォール
 IPブロック

の最低限3種類のセキュリティ対策は取っておきたいものだよね
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/987-0ae72240
トラックバック
もしあなたが、30歳以上の方なら、一晩で私を性奴隷に変貌 させてしまったSEXの...
現役AV女優が教える限定プログラムついに登場!!現役AV女優が伝授する【裏SEXプログラム】 | 続無知の知 | 2010-04-16 19:09
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク