今日ね、アスキーの記事で気になるのを見つけた

美人すぎる理系アーティスト・スプツニ子!さんはなぜ歌う?
http://ascii.jp/elem/000/000/507/507353/index-6.html

Sputniko+_cover_small[1]Sputniko+Chinborg+x[1]

個人的には学者さんといわれる方とは親交が多い方だと思う
#相手がどう思っているかってのは別問題さw
#もう10年前だけど、ピーター・フランクル先生とも前の会社の関係で食事させてもらったけど、楽しかったなぁ・・

で、Sputniko!さんです
音楽的には彼女の現状からテクノなのですが、今後の幅に期待さ
でも、プログラム乙女育成にはこのままの方がいいのか?
#いまのだっていいんだけど、アートとの融合にはソロは限界があるからねw

http://www.shift.jp.org/ja/archives/2008/06/sputniko.html
(記事としては2年前だけど、こっちもいい記事)

アスキーで紹介されてもっとメジャーになるといいね
個人的にはYMO世代だからこういう雰囲気って大好きなんだが、しょっぱなでここまではまるとは・・・

だってねCHINKO SONGが脳裏に焼き付いてグルグルグルグる回るのだよ
ここまで回るのはにこにこナース以来だ
#比較対象としてジャンルを無視して
Sputniko!

まぁいいから聴いてみてよ



その他はこちらから
http://www.youtube.com/results?search_query=sputniko

そして、応援したいのはいろんなものを気にしない(いや気にしてるからこそなのかな?)なのもそうなんだけど、それ以上に、

スプ子 音楽をダウンロードさせないとか、ビデオを見せないとか、それって時代遅れなんじゃないかと思うんです。むしろネット上にあるからこそ、いろんな人に見てもらえて、いろんなチャンスが出てくる。

ていうインタビュー記事が気に入りましたよ

そう、アートっていうのは音楽も映像も造形も絵画もすべてのアートは人に見てもらうことが全てであって、アートの原作者以外の誰かのための道具ではないんだよね。だからこういう考えの若い世代がどんどん増えること、そしてダウンロードされても生業に出来る時代が来ることを応援したい
#いまの著作権って訴えてる団体がいるからこそ、そういう土壌ができあがらない原因だと思う。みんなも自分の好きなアーティストが明日の食べ物にも困って、もう作品が作れないって言ってたら普通に昼飯くらいおごれるよね?(昼飯って言うのはわかりやすい価格を表したつもりだけど)

( ゚д゚)ハッ!話題が変わってたw

こういったアーティストが育っていく土壌がYoutubeやニコ動でどんどんできあがり、そして才能と努力で成功(それが商業的であれ、自己満足的であれ)出来る時代はすぐそこまできてると感じるよ

ちなみにアルバム全部無料ダウンロードもあるんだけど、個人的には先にYoutubeで見て曲の前とかのSptoniko!のコメントを聞いてからのほうが何倍かよくわかると思うよ

http://www.lastfm.jp/music/Sputniko%21/Parakonpe+3000+%28DVD+Album%29

数学的な仕事とアート的な仕事とネタ的な仕事を音楽をバランスよく長く続けてほしいな~




トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/972-0d23d15f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク