1ヶ月もの長きにわたり入院を経験したのですが、この入院がむっちゃくちゃ突然だったため、ノートPCやiPhoneを病院に持ち込むのは、病院に行ったときに持っていたから問題なかったものの、仕事場や自宅のPCをさわれずに人にさわってもらうしかない状況が出てしまいました

ええ、恥ずかしいものを見られる危機です
いざというときのHDD消去は頭の中に入っていたのですが、まさかこんな中途半端なことになってしまうとはorz

こんな事ならもっとパスワードをいろんなところに・・・


なんて後悔は役に立ちませんので、今後のことを考えてフォルダにパスワードをつけましょう

MSPrivateFolder
http://www.softpedia.com/get/Security/Lockdown/Microsoft-Private-Folder.shtml

このソフトは非常に使えるものなのですが、MSさんはなぜか公開停止しちゃってます
注意事項として、セキュリティが半端無いのでパスワードを忘れてしまった場合、ブルートアタックで気の遠くなる解析作業を行うか、諦めるしか手がないようなのでそこのところにご注意
#人に見られると恥ずかしいものレベルだと最悪消えてしまってもいいよねw

ダウンロードするとrar形式で圧縮されているので適当な場所に解凍

MSPF10ENU.msiってインストーラがあるので適当にインストール
データは

C:\Documents and Settings\ユーザ名\My Private Folder

に保存されるっぽいのでドライブの容量に注意
もしかしたら保存先変えれるのかもだけど・・・

最初の起動時にパスワード設定の画面が出ます
忘れたら最後なので注意

フォルダを開こうとするとパスワードを聞かれます
パスワードを入れてフォルダが開ける間はタスクトレイに設定用アイコンが表示され

Show Desktop Icon(デスクトップへの表示非表示切り替え)
Idle Time Before Auto-Lock(自動ロック時間の設定)
Change Password(パスワード変更)
Import Encrypted Files(インポートファイルの作成)
Export Encrypted Files(エクスポートファイルの作成)
Remove My Private Folder(削除・・・消えちゃうので注意)

ってなことが出来ます
ソフト自体はあまり新しいものでもないし、一応XP用って位置づけではあるけれど結構便利ではある

メニューは英語しかないけど困ることはないかな?
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/932-7ff1f8f7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク