今やPCを使うこと=ネットを使うことと同義語になりつつあると言える今日この頃ですが、このネットを使うと言うことは、ウィルスやトロイ、Botからの攻撃と言った危険な環境に身を晒すことになると言っても過言ではありませんね

未だにセキュリティソフトを入れてない痴れ者や、WindowsFireWallで十分とか言ってる方はほおって置くとして、すでに世間では総合セキュリティ(アンチウィルス、FW、ブラウザ保護等)のソフトが主流となりつつあります(ただし、総合ソフトでも駄目なものは駄目なわけですが・・・バ●ターとか中国製の激安のあれとか)

さて、こんな状況で、MSUpdateもきちっとこなし、セキュリティソフトにも気を使い強力なものを入れているにもかかわらずいろいろな脆弱性に引っかかってしまうのはなぜでしょう?
それは、各自のPCに入っているいろいろなアプリケーションソフトの脆弱性を突かれるからです

セキュリティソフトも怪しい動きはアプリケーションコントロールでチェックし警告を出すわけですが、アプリケーション自体を許可にしてしまっていた場合は意味がありません。そういった状況を狙いアプリケーションの脆弱性を使っての攻撃が流行っていますよね

ソフトによっては自動アップデートなどが実装されているものもありますが、実はこいつらって各ソフトが勝手にスタートアップなどに登録しやがって起動は遅くなるは勝手にダウンロードしやがるわと問題多すぎです
また、フリーソフトを初めとして自動アップデートなどが実装されていないものだって多数あります

ですが、これからのネットを渡っていくためにはこれらのソフトのバージョン管理などもきっちり見ていかないと、気がつけば自分のPCがBOTになっていたと言うことになりかねません

そんな悩みを解決するのがSUMo(Software Update Monitor)です
ダウンロードはこちらから
http://www.kcsoftwares.com/index.php?download

使い方は至って簡単
まずはアプリを適当な場所にインストール

ソフトが起動するとこんな画面がでるので、Scanをおす
(たぶん2度目以降は勝手にインストールされているソフトの一覧が表示される)
因みにフォローされてないアプリのリストはチェックのためにExportを押してテキストファイル化しておこう

イメージ133

すると、インストールされている一覧が出るのでCheckボタンを押してバージョンを確認しよう
ここでの注意点は、すべてのアプリに対応している訳じゃないって事
主なメジャーどころは網羅されてるけどチェックできないものもあるので、そいつらは自己管理しなきゃならない
また、コンセプトなんだと思うけどOffice関連のソフトもここでは引っかかってこない

また、Scanから漏れているソフトはADDで追加してみるのもいいだろう
#たとえばRamDisk.EXEみたいなのはADDじゃなければ認識されない

また、チェックに時間がかかるのでアップデートしたくない(もしくは出来ないw)アプリはRemoveでリストから抜いておくことも出来る

まぁこんな事をやったってやられるときはやられるものだけれど、何もしないでやられるよりは日々のチェックを怠りなくしたいって人向けのツールだね

あと、何でこんなん入ってるんだよとかいうソフトも見つかったりするw
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/931-9bce5703
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク