おかげさまで先月の26日に退院いたしました

一部の方々が送ってくれたリハビリ用具のおかげもあり、医者が予想していた回復を遙かに超え、予定の3週間入院(緊急病院は緊急性が無くなると地域病院に追い出されるのよw)の後、リハビリ病院に転院入院の予定を、退院&週1~2回の通院リハビリでOKなところまで回復することが出来ました

退院してからは約1ヶ月休んだ事による仕事のフォローと日々の日常にリハビリを組み込む事、新しい病院での検査などであっという間に1週間が過ぎてしまいましたが、だいぶ時間の使い方にも慣れてきたのでブログの更新も再開(って病院からもgdgdなのは書いてたけどねw)します

さて、もう皆さんもご存じの通りなネタ(っていったら悪いのかな?)ですが

ハイチ地震被災者に千羽鶴を送ろう!活動がmixiで広がる
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1391165.html

いやぁ、何というか不幸ですね
この元ネタのわくわくクリエイター(自称)の方の考え方は悪くはないのですが、冷めた目で見ればあまりにゆとり過ぎで・・・

病院で寝ている人と地震直後の生死の境@医療すら受けれないの違いなど想像できなかったのでしょう
あくまでもハイチの状況が復興に向かい始めた時期にこの活動を行えば、ここまで叩かれはしなかっただろうし、一種の美談的な結末を迎えたのだと思います・・・が

まずはタイミングが悪かったですね
生存者救出はおろか、救護者への医療もままならない状況の被災直後に加え、現地はもともと貧困層が多く治安が悪かったのに加え、被害の大きさから支援物資の奪い合いなどの暴動すら起き、国連から追加派兵があるほどであり、今必要なのは生存するために必須な、

水、食料、医薬品、衣服、簡易居住のための設備、
そして少しでも多くの輸送手段、支援する人々(医療、治安維持、ボランティア等)

といったものであるところに千羽鶴ですから・・・
パンがなければお菓子を食べればいいじゃない的な事なのですよね
きっと、今の若者が人とのコミュニケーションがうまくできないと言われる事の根源がここら辺なのでしょうか?

相手の状況を分析し、相手に必要な何かを感じ取る

こういった考察が出来ないまま思いつきで何かを言ってしまう、やってしまう・・・
そして、Mixiといった集まりがその思いつきを広げて勝手に一人歩きしていってしまったという結果でしょう

これが一人の人がMixiを使わずにこの活動を行ったとすれば、大きな輪にになる前に誰かから釘を刺されたり、もう少し現状が分かりやり方を考え直す事もあったのでしょうが、思いつきはMixiと善意の第三者(この場合間違った善意だと思うのだが本人たちは善意な訳だ)であっという間に広がり・・・そして叩かれた

正直言って、後1年後に千羽鶴を送るのならまだましだと思うが、時期がねぇ

ちなみに入院していた身としては、励ましてくれるのは確かにうれしい・・・うれしいのだが、現実問題としてはPCを届けてくれたりデータを届けてくれたりといった本当にそのとき困っている事をしてもらうことの方が助かった。もちろんそういった事をしてくれた上で心配もしてくれるならなおさらありがたかったよ

ここで今回の事を私なりにまとめてみると、

□さいしょわくわくクリエイター
ハイチの人に何かしたい◎(この考え方自体はとてもいいよ)
千羽鶴を送ろう×(もう少し考えれ、単なる思いつきじゃだめなんだよ)
Mixiで募集しちゃえ△(目的は間違っているが手段ではいいんでない?)

□Mixi関連
なんていい考えなんだ、全国規模でやろうぜ×(この時点で誰かいさめなかったのかよ)
じゃぁ俺が支部やるぜ×(すでにお祭り気分だろ?)
新聞報道××(美談と思って取り上げたんだろ?)

□炎上後
何考えてるんだ?△(お怒りはごもっともだが書き込み内容は祭りのやつ多すぎ)
※批判書き込んだ奴らは100円でも募金してるのか?1回でも電話募金したのか?ボランティアやったことは?って意味では×だけどね

う~ん、これからのネット世界では日常茶飯事的に起こるようなことなのかな?
個人的にはこのクリエイター先に支援団体に相談するなり、募金の仕方を提案するなり、現地に必要なものを考えるなりで全く違った結末を迎えたのだと思う。

ある意味では、人のことを思う事の出来る人が一人つぶれてしまったことが残念だね


トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/923-aacd8efb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク