エイズ問題の啓発狙う? USBメモリに感染するウイルス
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0706/21/news023.html


手口としてはインターネットが普及する前の様な感じだが、今見るとある意味新鮮だね。企業内ではウィルスを恐れてネットから隔離しているパソコンも多い中(セキュリティソフトをケチった社長の考えというのもあるけど)確実な手段とも言えるね。救いはどうやら「エイズに関する啓蒙」らしいけれど、感染する方にはそんなことは関係ない。

特に税理士等の職業だと客先からのデータの持ち帰りにはネットでの転送を使わずにあえて外部記憶という所も多いはず。今のコンピュータにはネットの有無を問わず、セキュリティが必要不可欠だというお話

トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/91-4c712e80
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク