Torrentをするにはクライアントが必要!
※この記事は少し古いので近々改定予定(8/25)

もちろんそんなことは当然なんですが、じゃどれを使えばいいの?ってなるとやっぱり初心者さんには悩ましいと思うので、とりあえずお勧めのクライアントとかをご紹介


μTorrent
uTorrent

http://www.utorrent.com/download.php

一般的には「u」「μ」「uTorrent」等と呼ばれます。
実は今使っているのはこのクライアントです。
なぜかというと理由ははっきりと3つ

 日本語対応(パッチとかじゃなくてね)
 思ったより高機能
 何より軽い!!

実は後で紹介する他のクライアントも使ってみたのですが、結構重い、メモリもどんどん食っていく・・・という感じでほかの事をするときはTorrentを止めて寝るときだけって感じだだった訳ですよ。
※ノートPCでTorrentはじめちゃったんだよなぁ、馬鹿な俺・・・

で、とにかくμTorrentは軽いと聞いて使ってみた、はい
すげー軽いの、使い方も直感的でわかりやすいと思ったし、何よりメモリやCPUをバカスカ使わないのが気に入って今使っています。

設定も結構簡単だし、今のところメインで使ってます。
複数ファイルある場合、特定のものだけをダウンロードしたりも出来るし、各Torrent毎に細かい設定も出来ます。

日本ではいまいちBitCometの方が人気があるようですが、マシンが遅いと感じたらぜひお試しアレ!


BitTorrent
Bittorrent

http://www.bittorrent.com/download

本家BitTorrent・・・
使ってみた感想は・・・重い!重すぎる!
一番最初に使ったクライアントが由緒正しい本家だったんですが、もう重たくって重たくって、CPU使用率はほぼ100%って感じでした。

使い始めて最初の頃だったので、いろんな用語などを調べながら使っていたから、まだ遅くてもよかったものの・・・もう耐えられないw

初めて使う人は本家は辞めたほうがいいかも知れない・・個人的な所感ですけどね


BitComet
BitComet

http://jp.bitcomet.com/index.htm

おそらく日本で一番使われているクライアントではないでしょうか?
高速で使いやすいインターフェイスとディスクキャッシュ(HDDのアクセスを減らす)と一番のうたい文句であるUPnP対応ルーターを使っている場合のNAT設定やポート設定、Windows ファイアウォールの設定を自動でやってくれちゃうすごい奴。
初心者の方への一番のお勧めはこれかな?やっぱり
中国の人が開発してるとかなんとか・・・

一般的には「米」って呼ばれているらしい

速度的にはうちの環境ではμと変わらないような気がしたけど、ノートではやっぱり動作としては重く感じたかな?

日本語の情報量も多く、使いやすいとの評判もよいが、VerUP時にすぐに飛びついて痛い目を見た人も多いようですね


Azureus
Azu

http://azureus.sourceforge.net/download.php

JAVAで動くクライアントで、WindowsのほかにLinuxやMacOSにも対応している。JAVAを使用しているのでJAVA JREを先にインストールしないといけない。
最新版の3.0はどうやらコンテンツ産業と結びついたらしく、クライアントを立ち上げると何じゃこら?状態です。旧版の2.5もまだダウンロードできるので、そっちでも十分かもしれません。
実際そんなに使ってないので使い勝手はそこまで検証できてませんが、JAVAでって言う割にはBitCometと重さはそんなに違わないかなーという感じです。


Torrentファイルを開いた場合、あるクライアントだとぜんぜん繋がらないのに、クライアントを変えてみたらサックリ落ちてきたという話をよく聞きます。クライアントで制限をかけている場合もあるので、いくつかクライアントを用意しておいても良いのではないでしょうか?

トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/9-d17c45af
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク