おすすめサイト更新情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
役に立ったりよかったと思ったらポチ!
ブログランキング・にほんブログ村こっちもついでにポチ!っとすると(* ^ー゚)
--/--/--(--)
スポンサー広告

【肴】車エビの味噌漬け

さて、第2回目は

【車エビの味噌漬け】

です。私の住んでいる所は車エビの産地でもあり、そこそこ大きいものが大体1匹160円程度で手に入ります(もちろん活きています)そこで、今日は車エビの味噌漬けを仕込みましょう。日数的に3日程度必要ですし、お盆用も来るので実家にも持って行く事にして、少し多めに漬け込みます

#嫁から冷蔵庫内で邪魔だから漬け込み系は食べ終わってからやれと、教育的指導が入りましたorz

【材料】

車エビ(有頭のブラックタイガーでも可)適量(一人前が2~3匹になります)
日本酒(安いものでかまわなく、500mlほど)
みりん
味噌(お好みで赤味噌でも白味噌でも)
砂糖
タッパー(100均で売ってる広めで高さが4cmくらいのものが便利)
http://www.do-yo.tv/search/6/748/704/item.html
ボウルとそれを塞げるくらいの蓋(まな板とか)
ガーゼ(タッパーぐらいの面積を2枚

【作り方】

1.エビの処理

(1)車エビを軽く水洗いする
(2)大きめのボウルに車エビを入れる
(3)蓋を準備し、日本酒をどばっとかけ、蓋をする
※速攻で蓋をしないと車エビが暴れて飛び出します
(4)30分ほど漬け込む

2.味噌床の作成

味噌にみりんを足して練る
※量的にはタッパーに2cmくらい敷き詰めれる量
※堅さは好き好きですが、余り柔らかすぎだとうまくつからないので、市販の酢味噌より少し堅いくらい
※甘さはお好みで加減、みりんを使うと焼き上がりがテカテカで美味しそうになる
※柔らかさが足りない場合は日本酒で調節

3.漬け込み

(1)タッパーに1cmくらい2で作った味噌床を敷き詰め、その後ガーゼをしきます
※ガーゼは2重じゃなくて1枚ぺらぺらでOK、また無かったら無くてもOK
(2)1の酒でしめた車エビをまっすぐに伸ばして敷き詰めます
(3)エビの上にガーゼを敷きその上から残りの味噌を敷き詰めます
(4)敷き詰めたタッパーを軽くとんとんと叩いて空気を抜きます

4.漬け込みと焼き

今までの実績的に冷蔵庫内で1週間くらいの漬け込みが一番美味しいようです
1週間を超えて保存する場合は味噌床から取り出して保存した方が味が濃くなり過ぎなくていいかな?

ガーゼをつかってる場合は取り出してそのまま焼けますが、ガーゼなしの場合は付いている味噌を軽く洗い流します

焼く前にしっぽの先から竹串を刺し、軽く炙る感じで焼きます
(味噌が付いているので焦げやすいのに注意!)

味噌漬けとなった事により、殻が柔らかく殻ごと食べる事が可能です

5.その他

ブラックタイガーを使う場合はきちんと解凍後、水で洗った後に日本酒で洗います

先に串に刺し、加熱してから味噌漬けにする方法もあるようですが、個人的には生から味噌に漬けた方が好きです

浸かりすぎで味が濃くなってしまった場合や、堅くなってしまった場合は日本酒に漬けると味と水分が戻ります





昨日の黄身がまだ完成していないのに、既に一個食べちゃったのはヒミツw 役に立ったりよかったと思ったらポチ!
ブログランキング・にほんブログ村こっちもついでにポチ!っとすると(* ^ー゚)















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
ここを管理してるのは?
たいちょ
Torrentやってみようと思ったら、思ったより情報がすくなかったんで、調べたりしたことをまとめてみましたよ
最近はiPhone 3Gと脱獄に夢中

ランキングもよろしくです。
ブログランキング・にほんブログ村

最新記事

新バナー

記事検索

カテゴリー

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

クレバリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。