ネットの中では新型PS3の話題が先行しているんだけど、個人的には薄くなったとかそんなこたぁ問題ではなく、やっとPSやPS2の起動が出来る様になった事が大きいと思う

もともとPS3はPS2の大成功の元に作られた超高性能ゲームマシン
その高性能さはそこらの安いPCなど足元にも及ばない性能と技術が惜しげもなく投入されている代物だ

しかし、驕ったSONYはPS3の発表時に思い切り道を踏み誤った

それは互換性のなさだ

PS1はもちろん、発表時にまだ絶世期であったPS2すら互換がないのである
そして、高性能であるが故の開発の難しさから、全然タイトルが出ない→売れないというスパイラルにはまっていた事は、皆さんご存じの通りだ

そんなSONYに何が起こったのかは知らないが、


http://news.livedoor.com/article/detail/4279493/


PlayStation3 slim』は『DVDparanoia』というゲームショップが『Amazon.de』にて販売を開始したもので、そのショップの説明文によると『PlayStation3 slim』はPS1とPS2のゲームソフトも起動できるとのこと。ハードディスクの容量は60ギガバイトとなっている(購入を考える場合は実際にショップの解説を読んで確認したほうがよい)。

と、やっと既存のユーザを大事にしなければ成り立たない事に気付いたのかもしれない
ってか、最初からエミュレータでもいいから入れとけよw

PS3がPS1やPS2のソフトを稼働できるメリットは計り知れない
ユーザから見てもハードの買い換えの際の重要検討事項であろう

この噂記事が本当に実現し、PS3がもう少し使える機械になればまだまだ売れる余地は大きいと思うけど、どんなものだろう?

はやく、世界のSONYに返り咲いて欲しいものだ
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/813-0991ff17
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク