HDDがおかしくなってしまった場合(特に起動ドライブ)には、別に稼働しているPCがあれば、




のような機材で別PCにHDDをつなぎ、バックアップやらCHKDSK等の処置を行う事でHDDを修復する事が出来ます

特に最近のリカバリ領域を持ったPCでは、レストア先のパーテーションに異常があった場合にレストアが失敗、メーカー診断だとHDD交換と言われる例があります

http://kyounoare.blog117.fc2.com/blog-entry-797.html

これDO台Proとかがあればもっと多彩にデータの救出とかも出来るのですが、



いかんせんお高いので一般にはオススメできませんが、SATA/IDE⇔USB変換ケーブルならば価格も安く、持っていても損はないと思います

リカバリの手順としては、

1.HDDを取り外す

2.取り外したHDDを変換ケーブル経由で接続

3.TrueImage等で念のためイメージバックアップ
※バックアップが出来ない場合、パーテーション等の異常が考えられます

4.必要なデータが読めるようならバックアップ

5.各パーテーションに対してCHKDISKの実施

6.該当パーテーションの削除・再作成→再度CHKDSK

7.元PCに接続してリカバリ操作

ってな感じでしょうか?

もちろんHDDに電源が入ったとたんに異音がするような場合は、こんな事しても無駄です
別PCに繋いで出来るだけ少ない回数でデータを救出するしかありません
経験では冷凍庫などで冷やすとマウントできなかったHDDが一瞬マウントできた等がありますが、基本あきらめですね
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/807-d107b607
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク