いたちごっこを続ける任天堂のマジコンとSONYのCFW

ついこの間、CFWは5.50GEN-Bがやっとこさ公開されたのですが、SONY側はFW5.55を

 アーマードコア3 ポータブル
 新世紀エヴァンゲリオンバトルオーケストラ

で使って対策してきました

また、DSi対応マジコンががっつり出そろったDSiでは、なんとカメラをFaceBook対応という、何とも微妙な機能追加にて新FW1.4に上げるのを狙っています( イラネーw)

果たしてDSiでFaceBookを絶対したいよ!っていうコアなユーザーなんてどんなモンかとは思いますが、このアップデートにより現在わかっている

 DSTTi
 Hyper R4i
 ak2i
 R4 Ui
 R4i Gold
 EZⅤi

といったDSi対応マジコンは全て起動不能のようです
一部のDSiユーザーのお友達はFWのアップデートは控えた方がいいかもしれませんね

両者ともHWメーカーとしては順当な対策ではあると思いますが、いつまでいたちごっこが繰り返されるのでしょうか?

マジコンのFW作る側はともかくとして、CFWを開発している側はかなり疲弊しているという現状は否めないと思います・・・
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/805-a6b7893a
トラックバック
アーマードコア3ポータブルの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「アーマードコア3ポータブル」へ!
アーマードコア3ポータブル | アーマードコア3ポータブル | 2009-07-31 13:59
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク