ボーナスがでて嬉しい人も、無くて(´・ω:;.:... な人もいる7月の月末ですが、最近クライアントから個人的なPCの購入の相談が多い
それも、ネットブックと格安ノートPCでの質問がダントツ

なので、その人達に説明した事を含めてどっちがいいのかを考えてみる

■ネットブックのメリット・デメリット

メリット

 ・価格が安い(最安だと2万前半、プロバイダ契約などで100円)
 ・比較的バッテリー駆動時間が長い(2時間以上、5時間超のモデルも多い)
 ・大きさが小さくモバイルには最適
 ・光学ドライブ以外はほぼオールインワン
 ・デザインや色のバリエーションが比較的多い(というか参入メーカー多いから)

デメリット

 ・メモリの制約が殆ど1GB(2GB認識できるものもある)
 ・光学ドライブがない為ソフトのインスコは全くの初心者には無理
 ・光学ドライブ無しの為HDD障害時のリカバリも初心者には無理
 ・CPUスペックが遅い(でっかいMPEGの再生でコマ落ちも)
 ・ファン無しモデルではHDD温度45度超えがざら
 ・画面が小さい(特に高さが600っていうのは致命的に小さいかも)
 ・メーカーによってはHDD換装で地獄を見る
 ・キーボードが小さく指のでかい人には辛い

■格安ノートPCのメリット・デメリット

メリット

 ・価格が安い(4万円~7万円程度が主流)
 ・メモリの増設が可能(というか1GBとかなので増設必須)
 ・画面が大きい
 ・殆ど光学ドライブを搭載
 ・殆どのハードがオールインワンなので初心者にも問題が少ない

デメリット

 ・ネットブックよりは高い(差額が5000円~4万超)
 ・大きくて重い(2.5kg~が主流)
 ・CPUが一般的に遅いモデルが多い
 ・パーツが安めの為にファンの音がうるさいモデルが多い
 ・Vistaモデルはそのままではメモリが足りなすぎ(最低4GBほしいとこ)
 ・無骨なデザインのものが多い(企業モデルだったりする事から)
 ・いつも安い訳ではなく、何らかの理由により格安になっている


ってな感じがそれぞれのメリット・デメリットではないかなと思う
見てわかるように格安ノートPCのデメリットはそれほど致命的なものは少ないが、ネットブックの場合メインマシンとして使うには致命的なデメリットが少なくない

なので、ネットブックを買うというのは大前提としてフルスペックのメインマシンを持っているか、ある程度以上のPCの知識を持っていなければ、ネットブックを買って後悔する事になる

アンケートなどでネットブックを買って後悔した人が多いのは、値段だけ見て買った人たちが殆どだと思う(プロバイダの契約で100円PCで買った人も含めて)

正直、ネットブックのデメリットはPC上級者なら全然回避出来る問題だし、CPUの遅さもSSDの換装によって格段に改善できる(エンコとかは別だけどね)し、キーボードもUSキーボードなどに変えると全然使いやすくなる・・・・
が、こういう作業は初心者には出来ない=ネットブックを買うべきではないという結論になる

反対に、格安ノートPCではフルスペックである事が強みとなり、最初にメモリの問題さえクリアすれば後で変える部分というのは殆ど無い=初心者に最適という事になる



■結論

ネットブック

 初心者には××
 1台目PCにも×
 2台目以降には○
 上級者のモバイルマシン、サブマシンには◎
 ゲームがしたい人には×××
 デメリットと予算を比較して予算重視なら取り敢えず○

格安ノートPC

 殆どの人に○
 特にPC初心者や1台目には◎
 上級者には▲
 ゲームがしたい人には▲

という感じでしょうか




結局、PCというのは道具であって、使う人次第で凄いワザモノにもなるし、ナマクラにもなる訳ですが、ネットゲームとかをやりたいとか言う人たちは、ネットブックも格安ノートPCも買っちゃダメですよ


日本刀でマグロをさばく事は出来ても、果物ナイフでマグロは絶対にさばけません・・・とは言わないけど、凄く大変だと思いますよw
せめて刺身包丁くらいは(ry
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/804-c707093c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク