個人的にウィルスバスター(TorrendMicro)のセキュリティソフトは信頼していない。確かにメーカー製パソコンには殆どと言っていいほと搭載されており、大手でも使用している所も少なくない

が、今までやってきたソフトのダメさは一向に改善されないし、へたをするとフリーウェアより検知率が低かったり、アップデートでマシンが動かなくなると言う最悪な件だって1回や2回じゃない

そんなウィルスバスターが今回は秀丸エディタすら動かなくするようです

秀丸エディタとは昔からずーっとバージョンアップを続けてきている、非常に使い勝手のいいテキストエディタで、私も10年以上前から愛用しています

そんな秀丸エディタ(メール)で問題発生

ウィルスバスターを利用されてる環境で、秀丸エディタや秀丸メールがいきなり終了してしまうという報告が何件か届いています。
 現象の例としては、以下のような症状が報告されています。

秀丸メールで新規メールを実行し、「ファイル・ファイルを添付...」を実行して出てくるダイアログボックスの「デスクトップ」のボタンを押すと、いきなり秀丸メールが終了する。
秀丸エディタでgrepを実行してハードディスクの中を検索すると、検索中にいきなり終了してしまう。
 これらの現象が発生する原因は、ウィルスバスターの「ウィルス/スパイウェア対策」という機能の中の「不正変更の監視」内の「不審な挙動」というオプションと「ウィルスバスター2009のファイルと設定に対する不正な変更を防ぐ」というオプションが関係しています。
 これらの機能は、ウィルスバスターのプログラム用ファイルや設定ファイルにアクセスしようとしたプログラムを強制終了させてしまうという機能です。

 例えば秀丸メールが終了してしまう例では、デスクトップにウィルスバスターのショートカットがある場合に、デスクトップ上ファイルのアイコンを表示させようとして、結果としてウィルスバスターのプログラム用ファイルにアクセスしてしまい、それで秀丸メールが強制終了させられています。秀丸エディタでgrep検索した場合には、設定ファイルにアクセスした瞬間に終了させられてしまってます。

http://hide.maruo.co.jp/news/news20090717.html

何を言っているかというと・・・デスクトップのウィルスバスターのショートカットを表示(Read Only Access)しようとした瞬間、ソフトを強制終了させるというものです
いいですか、読み込みだけですよ?保存や開くのダイアログでの表示です

どう考えてもバスターが過剰反応しすぎです
読み込みしただけって・・・Updateやdelじゃないんだから、技術的に見てもあり得ない馬鹿さ加減です

VistaでIPアドレスが取得できない
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2007/04/vistaip_47b9.html
もう、なんて言うダメソフト・・・

セキュリティソフトだからたまに誤検出することはあると思うのだが、こうまで利用者が多く発展する問題も多いのに、未だにチェック体制とかが改善される見込みがないんだよな、バスターは・・・

実際の利用者も多数いると思うんだけれども、少し調べれば同じ値段でもっといいセキュリティが得られる方法があるのだから、少しは気を使った方がいいと思いますね

ウイルス対策はエフセキュアインターネットセキュリティで決まり!

重いパソコンがサクサク動くウイルス対策ソフトESET

今年はノートンも出来がいいらしい
シマンテックストア

いい?売れてるソフト・シェアが多いソフトが優秀とは限らないんだよ?
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/792-159a1ca7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク