マスゴミではなかなか報道されていない事は、幾らでもあるし現在でも、

 鳩ぽっぽ政治献金規制法違反
 ウィグルでの虐殺事件


とかは、激しくスルーされている
(まぁ、マスゴミはミンス勝たせたいのだろうけど、それが報道なのか?)

だけどウィグルでの虐殺は、そろそろ世界的に見ても洒落にならないのではないだろうか?どうみても中国は民族浄化をやっているとしか考えられない

http://parori.dtiblog.com/blog-entry-733.html
http://yume-maboroshi.at.webry.info/200907/article_20.html

そんな中、アルカイダ関連組織が中国に対して警告を出した
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090714/chn0907141249003-n1.htm

アルジェリアで働く約5万人の中国人と、中国が北アフリカで展開するプロジェクトを標的にすると警告したという。

テロリズムは決して正当化されるものではないだろうが、モノの見方を変えた場合(虐げられる弱者から見た場合)は、決して悪ではないのだと思うし、現実に一般市民がテロリストに協力する例が少なくない

今まで国際的なルールの下で世界各地に広がっていった中国系の人々が、国際的なルールを守らない本国の政策でテロリストの標的にされてしまうのは恐ろしい事だ

もちろん日本だって何もしていないから標的にされないとは限らない
何もしないからこそ憎まれる事だってあるのだから・・・

あなたは自分が倒れて死にそうなときに見ているだけの人を憎まない自信はありますか?
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/782-e8d7f59f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク