TorrentをはじめとするP2P利用に、今更PG2等の対策をしていない人はすぐに導入する事をお勧めしてきましたが、PG2の初期からのリストだけでは、今では全然安心できないですね

一部でも騒がれていますがAmazon系のネットワークからの攻撃、どう考えてもおかしいネット監視企業からの接続、身売りしちゃってどうなるかわからないTPBのトラッカー・・・

日々、リストのメンテナンスが必要な状況です
PG2付けているからと安心せず、日々のメンテナンスを欠かさないようにしましょう

特にこれから半年後に向けて、大がかりな生け贄探しが行われそうです
#著作権法も児ポ法も両方ね

リストとして常に気をつけておきたいのは、

・公共機関IP
・反P2P組織IP
・プロバイダIP(最低必要なものだけあける)
・ネット監視企業IP
・ダミークライアントIP
・BOT IP

等ですが、上の3つは一度指定したらあまり大きな変化が見られない事に対して、下の3つは絶えず変化する可能性があり、実際変わっているという事です

そんな情報どこで手に入れるんだよ?
ってな人は、そろそろP2Pから手を引いた方がいいのかもしれませんね

ダミークライアントに関しては少し古い記事ですが、

http://peer2peer.blog79.fc2.com/blog-entry-587.html

等を参考にして追加してみると・・・
なんとダミークライアントが多い事に驚くと思いますよ

リストの追加がわからないって人は、本当にP2Pやめた方が身の為だって
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/778-311aee00
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク