Torrentを初めて知ってから既に2年以上がたちました

その間に手に入れたものは筆舌に尽くしませんが、ま、ここでは置いときましょう

で、何を話かって言うと・・・
PCでのパーツ重要度が激しく高いHDDさんについてです

Torrentって今の状況では凄くいいソフトだけど、そのシステム的に色々問題も抱えてる、特にHDDに関してはね

そういう訳でHDDとTorrentの関係について私の経験から過去を振り返ってみよう

■Torrent知った直後

ダウンロードするもの、その他をすべて1ドライブでやってました、ええ
もうね、探すのが楽しくてさ(Torrentで逝こう時代ですね)
新品のHDDが2ヶ月くらいでSMARTでエラーが出たりして、毎日DVDに焼くのが日課でした
ツクモの5年保証では大変お世話になりました
※しょっちょうHDDクラッシュだったわorz

■いろんな原理をちゃんと理解出来はじめた頃

結局、ピア・シードの関係とか、それに伴うHDDに対するアクセス負荷が分かってなかったんだね
シードもきちんと果たす、でもHDDも保護するという観点から、この時期は捨てHDDでTorrentをやってきたりしてた

それでも物理HDDに頼ってたこの頃は、2~3ヶ月でHDDを潰してましたね、なんていう無駄遣いw
消耗品とあきらめていました。PC24時間付けっぱなしな状況でHDDは絶えずアクセスされているといった感じ

■HDDの交換に飽きて試行錯誤するころ

いろんな事がわかり始めて、HDDを複数搭載したり、USB外付けやらUSBメモリやらフラッシュメモリを試していた頃ですね
USBメモリはこの頃はまだ高くて実用的じゃなかったし、HDDを複数付ける事により電源の容量不足からの交換、いろんなものの増設、最終的にはメインマシンの組み替えまで発展しましたorz
この頃より物理的に消耗するHDDよりメモリを使ってみようというテストがなされるものの、USBメモリもあっという間に逝く事が判明w

■ついにRamDiskに手を出す

新しいマシンは元々4GB搭載だったのですが、メモリの価格が大暴落した事によりMB認識の最大値8GBを搭載し、5GBをRamDisk化することを思いつく
色々調べた結果、有料のもの無償のもの等あるけれどGavotte_RAMDiskにたどり着くものの苦戦w

最初の頃は本家を使って色々行っていたのだが、61氏のパッチで難なく安定運用に成功

以降、5GBを超えるモノ以外はこのRamDiskを利用する事となるのだが、恐ろしい事にRamDisk運用開始以降、例の海門HDD事件以外でHDDのクラッシュは起きていない(いや、普通は起きないんだろうけどさw)
一時期の習慣でHDDの寿命を複数のSMART監視ソフトなどで厳しくチェックしてるのだけれど、もう全くといっていいほどSMART値が安定しているのよね

■まとめ

Torrentではシード、ピアの状況によっては数Mものスピードが出るし、共有比を150%まで我慢したりすると相当のHDDへの負担となるよ
厨だと上りを止めちゃうとかもあるのだろうけど、それはやはり種だったり初期の人たちにあまりに失礼だからやっちゃいけない・・・がHDDへの負担は避けたいという場合はRamDiskしかあり得ないのではないかな?5GBもあれば大抵のモノは落とせるし、落し終わってからHDDに移動させる事でHDDでへの負担はほぼ0といっても過言ではないとおもう

Torrentをやっている人はメモリが安い今、是非使ってみて欲しいね
また、何も気にせずTorrent使ってる人はSmartCheckerMiniとかでSMART値をきちんとチェックしておいた方がいいと思うよ

トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/708-05542c58
トラックバック
コメント
SDメモリとかUSBメモリ使ってたんですが、すぐ死にましたねw
ミニノートでやっててRamdiskは無理なので、外付けHDDが必須ですわ…
556. タチバナ | 2009-06-07 16:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク