取り敢えず、韓国でも発症可能性のある患者が出たそうです
http://www.asahi.com/international/update/0428/TKY200904280023.html

また、成田空港では発熱疑いの外国人女性が検疫ゲート突破していきましたとさ
http://www.zakzak.co.jp/top/200904/t2009042733_all.html

人⇒人感染が確定なので、恐ろしい勢いで広がる可能性も少なくない
メキシコから在住日本人の家族の帰国も相次いでいるけど、そこからも本人発症しなくても感染はあり得るって話だからね~

と言う訳で、いろんなところからのコピペでまとめてみたよ
コピペベースで医療従事者じゃないけど、多分間違ってる情報はないはず・・・まぁ自分専用

現在のところ、メキシコ以外の国では対策が早くて即隔離、治療のため症状は軽いという事です
但しメキシコでは、
【死者】149人(うち豚インフルエンザウイルス確認は22人)
【感染者】1995人(うち1070人は既に退院)
という結構な被害者が出ています

怖いのは、

メキシコと米国で確認された豚インフルエンザは、ともにH1N1型だった。人間の間で毎年流行するAソ連型と同じタイプだが、日本政府が新型用に準備しているワクチンはH5N1型ウイルスを基にしているため、H1N1型には効果がない可能性が高い。

ってな事だけど、タミフルやリレンザは発症からすぐに処方されれば効果はあるって言うから、怪しいなと思ったらすぐに病院ですね

基本は免疫力付けてマスクして、外出から戻ったらうがいと手洗いの励行っていう、基本的な事が一番の予防対策だったり・・・
あとは、必要以外の人混みへの外出を避ける事ね


###追記 4/28 16:00
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009042802000091.html

今回、メキシコ政府の対応の遅れからこんな状況になっているのだけれど、更に情報隠しの可能性もあるとの事、十分に注意されたし

###追記 4/28 17:00
http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009042801000646.html

韓国の感染容疑だった人は、推定患者とレベルアップした模様

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090428-00000118-san-int

イギリスでも2人が感染確定、初動の検疫体制の不備が悔やまれるね

http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009042801000023.html

メキシコの隣国であるグアテマラでも3人発症

■特徴■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 メキシコ産(3月18日確認⇒4月に大流行)
 人⇒人感染確定(米疾病対策センター公式発表)
 現時点での死亡率は約6.8%でこれを上回る可能性も
 豚のA型インフルエンザウイルス(H1N1型)新型
 死者は25-45歳の青壮年に集中している特異な状況
 症状は通常のインフルエンザとほぼ同じであるが、肺炎の発症率が高い
 鳥インフルエンザ用プレパンデミックワクチンは効かない可能性有
 抗インフルエンザ薬のタミフルやリレンザは効果がある
 アメリカで20人感染
 カナダで6人感染
 NZ、ブラジル。フランス、スペイン、コロンビア、韓国で感染者発生か?
 WHO,警戒レベルをフェーズ3からフェーズ4に引き上げ

■感染対策■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●飛沫による空気感染の予防
 咳・くしゃみは2m飛散するので、それ以内に近づかない。
 マスクの着用。
 咳やくしゃみ等の症状のある人には必ずマスクを着けてもらう。

 飛沫核物質:ウイルスを含む飛沫粒子が直径2ミクロン以下になると、
 空気中で水分が蒸発し乾燥縮小した飛沫核になり、長時間空気中に浮遊し、 これが吸入される(空気感染と同義語として用いられることが多い)。

●接触感染の予防
 感染者が咳・くしゃみを手で覆った時、その手で触れた物に接触することで感染する。
 目や鼻などを手でこすらない。
 ドアノブやつり革など、共用物に触れた後は手洗いをする(手袋の着用)

■有効な予防手段■■■■■■■■■■■■■■■

 外出時のマスクの着用(医療用・ナノフィルター)
 マスクは使い捨て厳守
 外出後の手洗い、シャワーを行う
 感染予防としての予防接種
 マルチビタミンなどの摂取による抵抗力の強化
 帰宅後などのイソジンを使ったうがいの励行
 発熱時には即病院へ行って検査を行う

■インフルエンザの症状■■■■■■■■■■■■

 インフルエンザの症状は、普通の風邪とよく似ていますが、
 1つ1つの症状を比べていくと違いがはっきりします。
 風邪は、鼻や喉などの症状が強いのに対し、
 インフルエンザは悪寒、発熱、関節痛などの全身症状が急激に現れます。

 インフルエンザ風 邪
初期症状悪寒、頭痛喉の痛み、くしゃみ、鼻水
主な症状発熱(38~40度)
頭痛、悪寒(重度)
筋肉痛、関節痛、
倦怠 (けんたい)感(重度)、
下痢、腹痛
発熱(軽度)
鼻水、鼻づまり、悪寒(軽度)、
倦怠感(軽度)
その他・感染は短期間で急激に拡がる。
・肺炎などを併発して重症化することがあり、高齢者では死亡率が高くなる。
・感染は、徐々に拡がる。
・重症化することは少ない。

■インフルエンザ発症時の注意■■■■■■■■

インフルエンザウイルスに有効な抗ウイルス薬が開発されて、現在では特効薬といえるものが登場しています。
 ただし、どの抗ウイルス薬も発病後48時間以内に服用しないと十分な効果が得られないため、インフルエンザかもしれないと思ったら、できるだけ早いうちに病院でウイルス検査を受ける必要があります。
怪しいなと思ったら、いきなり病院に行くと、下手をするとあなたから大感染が始まってhしまうかの雨声があります。まず怪しいなと思ったら、最寄りの保健所などへ連絡し、そこからの指示に従って下さいね

全国保健所一覧リンク
http://www.phcd.jp/HClist/HClist-top.html

全国感染症予防センターへのリンク
http://www.chieiken.gr.jp/kansenjoho/klink.html

■食糧確保?■■■■■■■■■■■■■■■

パンデミック(大規模感染流行)対策としては2週間分の食糧などの備蓄を言われているけど、あまりにそういうので悩ませてもなぁ・・・

取り敢えず必要そうなものは

http://www23.atwiki.jp/pandemic/pages/25.html

なんかを参考に・・・







引用リンク
http://新型インフルエンザ対策.jp/2009/04/0428-0030.html
日本語ドメイン久しぶりだったw
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20090426-OYT1T00381.htm
http://www23.atwiki.jp/pandemic/pages/24.html
http://glaxosmithkline.co.jp/mn/top_topic/topic_19/mdcl_info.html
http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/flu/swineflu/index.html
http://en.wikipedia.org/wiki/2009_H1N1_flu_outbreak
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20090426-OYT1T00381.htm
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/621-ce52d683
トラックバック
コメント
そだねー

うちもちびちゃんいるから、よそでもらってこないように気をつけきゃ
518. たいちょ | 2009-04-28 16:56 | 編集
ぬぅ・・・就活中の自分としては
こういう体調管理に一番気を使わなくちゃいけないんだよね。
んでもって想像以上に感染力も強い様子だし、マスクとかもいつも以上にちゃんと常備しないと・・・
517. くろ | 2009-04-28 16:50 | 編集
想像以上にやばいようですな。
分かりやすい情報まとめthx

今年二度目のインフルはやだぉ・・・・・・
516. 黒鉄 | 2009-04-28 13:14 | 編集
管理人さま、お邪魔致します。


相互リンクの申請の件で、
書き込み致しました。

よろしければ、相互リンクをお願いします^^
どうぞ、ご検討のほど、よろしくお願い致します。
お返事お待ちしております。

日常のことや、大学生活の記事内容がメインです。
『 なくようぐいす! 』の管理人のフジと申します。


不躾ではございますが、
こちらから先にリンク集に、
御サイトのリンクを貼らせてもらいました。


・当サイトのデータ

・希望タイトル:なくようぐいす!
・サイトURL:http://yamasiro794ugui.fruitblog.net/
・管理人名:フジ


それでは、失礼致しました。
管理人:フジ
514. フジ | 2009-04-28 11:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク