DeSmuME
http://www.desmume.org/

Torrentでないのをもう1発
DeSmuMEは某任天堂のDSのエミュレーターです。

ダウンロードはこちらから
http://desmume.org/?page_id=11
Windows Binaryを選びます。

Zipで圧縮されているので解凍します。
フォルダ内のdesmume.exeが本体です。

ただし、これだけでは動きません。
そう!ROMが無いわけですね。

なんで、ROMを探しに行きましょう。
http://frozen-roms.net/?cat=6
サイトの左を見ると多機種のROMものってますが、個人的にはDSとNintendoでお腹いっぱいって感じです。
まさかわかんないって人はいないと思うけど、タイトルを押した後、個別ページに飛んで、Download>画像認証を入力>Click here to begin your downloadでダウンロードが始まります。
なんか特別なP2Pソフトでのダウンもあるけど怖いから触らないww

さてROMをダウンロードしてる間にちょっと注意事項として、エミュレーターというのはPC上で他のOSなりマシンを仮想で立ち上げるソフトの事なので、PCや環境によっては、

 音が出ない
 動かない
 途中でブッ止まる
 動きがカクカクっていうか遅い

なんて事もあります。またROMによってもそのような現象が出ることもあるので、そんな場合は素直に諦めましょうw

さて、ROMのダウンロードが終わったら
ROMの中身を解凍してください。
拡張子がNDSのものが出てきましたか?

DeSmuMEを起動します。

起動すると四角い灰色のウィンドウがぽつんと立ち上がります。
見た目ショボイですねw

FileからOpenでROMファイルを開きます。
MDSって拡張子です。

最新版の7では多分自動で実行されますが、動かないときは

Emulation>Execute

で動きます。
操作はタッチパネルがマウス
十字キーとボタン操作はキーボードになりますが、Config>Control Configで変更することも出来ます。

うまく動くといいですね。
ってか、動かないとか遅いとか文句言わないようにw


トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/60-086f855d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク