中国産の商品には良いものだって無い訳じゃないが、その殆どに何らかの罠があるのは皆さんご周知の通り、それは品質であったり、管理であったりの問題だけじゃなく、正直な話、民度っていうものが関わっていると思う

そんな中国が自動車をヨーロッパに輸出したいようで、ドイツ自動車連盟(ADAC)が実施する衝突安全テスト・ユーロNCAPでテストをした結果、史上最低の0点を取ったそうだw

実際のテストでは3つ星クラスだったらしいが、

シートベルト着用警告装置、エレクトロニックスタビリティプログラム(ESP)が搭載されていなかった。このため、0点という史上最低の評価となってしまった。

詳細は以下
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090410-00000013-rcdc-cn

初めて欧州市場に投入された「陸風SUV」は衝突安全テスト後に「事故が起きればドライバーの生存確率はほぼゼロ」と判定され、ADACに「ここ20年間の衝突安全テストで最低の車」と評価された。

と、正直いったい誰が買うのかと言うようなものである。オリンピックの際もメラミン入り牛乳を隠蔽してた臭いし、人の命を気にしない中国製品を輸出(もしくは商社が輸入)するのはやめて欲しいよ・・・
もちろん、中国に母国のスタッフを派遣し、すべての行程をチェックしてモノを生産しているメーカーもあるんだろうけど、それだとコスト削減につながらない気もするしね・・・


トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/585-063cc645
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク