今年の初め(っていってもまだ1月だけど)に起こったIPAの職員による情報流出事件を覚えている人はまだ多いと思うのですが、IPAからトンデモな公式発表が出たぉ

ちなみにお祭りは下火になったものの、IPAの燃料投下でまた燃え上がり始めてるですww

酷すぎるIPAの対応まとめ
http://ipa-mapyome.pbwiki.com/%E9%85%B7%E3%81%99%E3%81%8E%E3%82%8BIPA%E3%81%AE%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81


なんと、IPAはここまで情報流出があり、違法ダウンロードがあってもそれを使っていない(それすら不明)と言い張り、

「使用した事実が確認できない」→法的に罪に問えない?

として、素敵な停職3ヶ月(この間の給与は3割減で有給休暇じゃね?)とするそうだよ・・・

洒落やnyの特性を知り尽くしてるはずのIPAはダウンロードしても使用した事実が確認出来なければ、法的には問題ないと身内には判断したようだ

ってことは、P2P使い放題ってことですか?

ちなみに、暴露されて流出した中にはどう見ても使用した形跡があるんですけどね・・・やっぱり官僚やら天下り機関って言うのは信用出来ないね

ちなみに被害者で大手であるJUSTはIPAに目の敵にされるとめんどくさいので無視を決め付けるようですな。更に特許庁も微妙に知らん振り

こんな時こそがんばれよ、京都府警・・・ヽゝ゚ ‐゚νダメナノネ・・・
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/458-cedde6b6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク