iPhone叩きで必ず言われてきた日本固有の絵文字ですが、ついに脱獄済みiPhoneで使用可能になったようです。しかし、残念ながらこの方法は脱獄済みが前提条件です
Appleも日本市場用に、絵文字入りのフォントと辞書への統合ツールくらい出してくれればいいのに。なぜ出来ないんだろうね?



絵文字を登録して使う手順は
http://cova.sakura.ne.jp/sb/
で詳しく説明されているので、そちらをご覧ください(手抜きっていうなー)

ツボとして、送られてきた絵文字を表示するだけの人は、絵文字を登録済みのフォントファイルを転送するだけでOKなので簡単(必ずオリジナルのフォントファイルのバックアップは取ろう!)
#私はフォントの転送だけでいいやw

また、

 同じ読みの定義は255個まで
 現在は読み、単語ともに499文字程度まで

という制約もありますが、個人的に同じ読みでの単語数が増えすぎると日本語変換時のレスポンスの低下などの問題が予測されますし、単語コストの定義で変換される順番が思いっきり変化してしまうので、初心者にはどうかなとかな?とも思います

前回紹介したLexierra_ja_JP-dynamic-text.datによく使う絵文字だけ登録する形式だと、システム上のリスクをあまり考えることなく出来るので、個人的にはそっちのほうがいいんじゃないかなと思います
#表示に関しては全部登録してもシステムで問題なさそうだけど、変換はメモリに取り込むからね。そして変換とかのロジックが未だにバグあるような気がするからさ~

変換履歴を利用した辞書登録

どちらにしても、すべて自己リスクでやってみてください
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/416-0b20c947
トラックバック
コメント
とりあえずそのまま突っ込んで受信送信双方で絵文字が使えるようになりました。
挙動がおかしいとか遅くなるような症状は見られません。
でも正直見ることに関してはアーウーの絵文字がどうにかならないことには文章ですら読めないんですよねー。
以前は絵文字ありきのアーウーメールはすべて添付になっていたのにどうしたんだろう
345. NANASHI | 2008-10-07 11:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク