いま、PDA NETとかiPhoneModem zsrelayとかの無線系のモデムがどんどん出てくるわけなのだけれど、個人的に活用の場を見出せない

なぜかって?

それはiPhoneを使ってPCのネットがしたい状況は確かに存在するのだが、PCのバッテリーより先にiPhoneがバッテリー切れになっちゃう。iPhoneを無線モデムとして使用する場合、アドホックモードが基本となっているのでiPhone自体のバッテリー消費量が半端じゃない、しかもすごい発熱をする(内部処理的にそんなもんだろう)

さらに、使用するPCだって無線入れっぱなしだとその分消耗するので、iPhoneもノートPCも同時に消耗してしまうって感じだ

個人的な感想としては充電追いついてないんじゃないかと思う

そんな状況なら、USBで充電しつつ無線経由の接続は3Gのみにして使えるUSBモデムのほうが何ぼかましに思えるからだ

ただ、この場合の問題点はPC側でSOCKS出しか通信できなくなってしまうって言うこと
これだと、PCのアプリケーション自体がSOCKSに対応していないと使うことが出来ない・・・・困ったね


やはり、同じ事を考える人はいるようで、エロイ人がProxifierというすべての通信してるアプリを監視してその通信を指定したSocksプロキシ経由にする、いわばSOCKS串とでも言うソフトを作って売っていた

31日間は試用できる。しかもMacもWinも両方あるという素敵さ

公式サイトはこちら

ただ、価格はちょっとお高めで$39.95だ
だけど、僕らにはTorrentがある訳で、Proxifierとうキーワードで検索を行って見ると・・・
http://www.torrentz.com/search?q=Proxifier(検索結果)

さて、Torrentやらクラックやらの質問は勘弁していただくとして、Proxifierの設定と行こう



前準備

iPhone 3G USBモデム化 Windows用を参考にして

TunnelierPortable
iTunnnel
iPhone 3Gの脱獄&SSHのON

Proxifierのダウンロード&インストール




proxifierを起動&Setting

IMG_0003_20080925101925.jpg
実際はまだ通信していないのでアイコンは常時されていないはず
起動してウィンドウが出てなかったりするときはタスクバーに隠れてたりするのでそこチェック

Options>Proxy Settings>add....

Proxy Serverのウィンドウが出るので、

Addressに 127.0.0.1
Portに 1080
Protokcolは SOCKS5 Version5を選択

以上、あとはOKを押してウィンドウを閉じる




接続テスト

まぁネット使うソフト何でもいいから動かして見るといいっす
多分何の障害もなく動くよん

ちなみにうちの場合、下りは1.6Mbps、上りはなぜか3.52bps出てた

ちなみにWin側で必要なソフト3種は容量的にたいしたことがないのでUSBメモリなんかに入れて持ち歩くと緊急の際に役に立つんじゃないでしょうか?

最後に、使い終わったらSSHを切っておくこと
また、非常に頻繁に使う人は初期パスワードから変更しておくことをオススメします(自己責任でね)

最後に、このソフトはほかの無線LAN・ルータ系のAppにも対応できる。その場合はProxyの設定をiPhoneのAppの設定にあわせるのがツボ
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/402-fa834a4b
トラックバック
 「それでも、ソフトバンクモバイル端末として最も売れている」──と思っていたあの端末が、今回ついに王座を明け渡した。一方、ドコモとau端末は順位の変動がほとんどなくなり、“敬老の日”需要を担う端末が順当に潤う程度のランキングとなった。【表:携帯販売ランキ...
iPhone 3G、王座陥落──Samsung電子製端末に首位奪われる | 本家ブログニュース検索 | 2008-09-29 20:24
コメント
さすがtorrent(笑
今から試してみようかな~
340. pspz | 2008-09-28 12:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク