先日紹介した【Gavotte Ramdisk】なんだけど、実際の運用を行っての状況をご報告

無駄だからと4GBしか挿していなかった訳ですが、1GB程度ではTorrentを行うにもあまりに小さすぎなので、激安の2GBを2枚追加して8GBなマシンにしました。追加費用としては4800円くらい?

4800円というとあと少し足せば500GBのHDDが買えてしまう金額ではありますが、500GBのHDDを新規に追加したとしても、Torrentで酷使されるHDDは下手すれば半年持たずに逝ってしまいますからね~

で、状況ですが非常にいいと言えますが、それぞれの使い方でかなり差が出ると思いますので、自分にあった使用法を選んだがいいですね

###追記###

ベンチかましたら、512Kでは読み込みも書き込みも1GB/sec以上の速度だった。SSDが100MB程度だからどれだけ速いかがよくわかる

##########

システムのキャッシュ領域

もともと3GBあってXPですのでそれを使いつぶすなんていうことは、動画を変換しながらネトゲをしつつmkvとかの動画を再生しーのみたいな無茶なことをしない限り、キャッシュ自体使われてなさそうなのであまり体感できるものはありませんでした

ブラウザのキャッシュ

これは体感できる速さがありましたが、劇的って言うほどでもなく・・・w

ネトゲのゲームをインスコ

やって見たのはSaddenAttack、こいつは効果的でしたね
読み込み時間は殆ど一瞬、快適そのものです。こころもち、ラグな場面でもHDDにインスコしてたときと比べるとぜんぜん速いです。この使い方はオススメ

Adobe製品の仮想記憶領域

これは激しくオススメです!
もう、なんていうかさくさく動きます(それが体感できるくらいの大きなファイルか、たくさんのファイルを開いて操作すればですけどね)
デザイナー関連の方は使わない手はないのではないでしょうか?

Torrentのダウンロード領域

5GBって言うと微妙な容量なんですが、使ってみましたがこの使い方が一番いいのかもしれません。
ダウンロードに関しては今までと大差ないのですが、UPに関してはいままでHDDを気にして帯域を絞ったりしていたのですが、MAX開放であっという間に共有比をクリアします
HDDではガリガリ聞こえそうなくらいの上りの速度を出してもPCは静かなもんです。これでHDDの健康を気にしながら帯域を絞って見たりしなくて済みそうです

この他、ほかのメディアのバックアップなどの際の一時保管場所としても圧倒的速さでばっくあぷが作れるので非常に使い勝手がよいようです

【心配されるメモリリークはなさげ?】

3日間ほど再起動無しで運用し、メモリクリーナ等のソフトをタイマーでかけ続けてみましたが、エラーなど発生せずに運用できています

今後、4GBのメモリなどが値下がりしたあかつきには16GB突っ込んで15GBのRamDiskに挑戦してみたいとこっそり思ってます

え?SSD使えって?既にドライブベイもSATAポートも使い切っちゃってるんだよorz

でも、速度的にはSATAを使っていようともSSDよりRAM直接のドライブの方が速いと思うんだけど、そこんとこは詳しくないからだれかコメントで突っ込んでくれるとうれしい



トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/400-f3701582
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク