悪いことには使わないでね

さて、iPhone 3Gの売りの機能の中にどこでもネットが使えるっていうのがある(現実はどこでもじゃない訳だけど)

そして、某有名掲示板への書き込みの2tch freeなどで快適に出来るようになってきた
そうすると、やっぱり匿名性を強めておきたいと思うのは自然な流れじゃない?

匿名での書き込み(匿名だと思ってるだけなんだけどね)がばれるのはどういうときだろう?

・書き込みをされたサーバや経路のルータのログにIPアドレスが残る
・書き込みをされたサーバや経路のルータのログにMACアドレスが残る
・IPを元に書き込みを行ったと思われる場所を監視
・怪しい人を押さえてMACアドレスで機器の特定、ログで照合

ってな感じだと思う
ま、自宅のPCから匿名とか思ってるようじゃお話にならないか、すさまじい量のダミーマシンを経由しているとてもすごいスーパーハカーな方かのどちらかなんですがね

で、無線LAN使ってばれるパターンは、同じ公衆エリア内で張り込みをされてしまう場合がほとんどのようで、しかも非常に目立つゲーム機やモバイルPCからのアクセスだったりする
#警官も張ってりゃ怪しいPSP使いが道にいれば職質するわな

つまり一般的ではないデバイスでなにかやってるってのがポイントの一つになってる
ところがiPhone 3Gは携帯電話というカテゴリーでモバイルPCやゲーム端末と比べれば目立つ要素が激しく少ない(と思う)

そこで登場するのが「Stealth Mac

こいつはインストールしても見た目上はCydiaのインストールログにしか残らないが、黙って仕事をするイカスやつである

使い方はいたって簡単、

1.Cydia>検索>Stealth Macでインストール

2.SSH経由で/etc/stealthmacファイルにMACアドレスが記載されているので、このMacアドレスを変更

3.iPhoneを再起動(ここ忘れるとダメあるね)
#/usr/bin/smac.shをTeaminal経由で実行という手もある

インストールされてもアイコンどころかBossPrefsにもなにも変化はないけど、しっかり働くイカス奴です

次回以降は偽装されたMacアドレスを使って通信するが、iPhone 3Gの設定などに表示されるのは本物のMacアドレスである。パンピーのピーポー君たちじゃ即効で見抜いたりすることは通信テストまでしない限り不可能だろう。いざというときはSydiaから削除も一瞬だしね

ただし、この方法は3Gをオフにしていないと何かの拍子にWifiをつかみ損なって3Gで通信しないとも限らないので指差し確認くらいがいいんじゃないかな?

ちなみにこの方法はあくまで手段であって、今までの無線LAN経由はこれら以外にもブラウザのキャッシュやなんかまでチェックされればアウトなので、まぁこんな方法もあるんだ位に思っておいてくださいな
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/393-f81a8292
トラックバック
コメント
復調した?
333. ヲヤヂ | 2008-09-22 10:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク