今回はmobile boosterが主役なのでタイトルも逆

皆さんが興味津々なmobile boosterでのiPhone 3Gの充電だけど

1/3使い切った状態でフル充電まで問題なし、時間的に50分ほどだったでしょうか?
70分の供給時間ですから半分くらいからほぼ100%くらいまで充電できるのかもしれない。


iPhone 3Gでの公称値の通話時間は5時間だそうだ
http://wiredvision.jp/news/200807/2008071620.html

まぁ実際の話しとして3時間と見ても本体フル充電が2回分使えれば6時間は間違いなく通話が出来る計算となる。
#2Gと3Gの切り替えって出来ないものなのかな?

現状では合計で6本のeneloopを持ち歩いているわけなので、最悪でも本体フル充電2回分は無補給でiPhone 3Gを使用し続ける事が可能なことが実証されたということでしょうか?

フル充電1回分強の為の外部バッテリーに対する投資は3707円(税込、送料込)だったのでとても格安

ただ~し、注意点もあり
2本で70分の供給能力なんだけど、使い切ったとしてそれを充電するには280分もかかってしまう。
つまり6本使い切れば、連続で充電しても14時間近くが必要になってしまうというこった、14時間ってのはどうなんだろうね・・・

ちなみにリチウムイオンのKBC-L2Sでは240分供給可能だから6本よりも供給時間が30分も長いし、満充電までは7時間と約半分の時間でOKなんだね
こちら側の欠点は数日置いてるだけでそれなりの量が自然放電してしまうこと
毎日きっちり使う人にはこっち側のほうがいいのかも知れない

管理人の場合、かばんの中に入れっぱなしで、使いたいというの最後に充電したのいつだっけ?みたいな事が多いわけだし、保証外の使い方だけどいざという際は電池を買って充電がしのげるっていうのもポイントだよ

・エネループにして予備バッテリーx4本くらいをかばんに放置・・・大体3900円くらい
SANYO USB出力付き充電器セット KBC-E1S KBC-E1S
SANYO eneloop ニッケル水素電池 単3形 4本パック HR-3UTG-4BP
管理人推奨!

・気をつけながらリチウムイオンを使う(小)・・・3800円くらい
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用リチウムイオン電池使用) KBC-L3S KBC-L3S
※小さいほうね

・気をつけながらリチウムイオンを使う(大)・・・5000円くらい
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2S KBC-L2S

リチウムイオンの奴を選ぶ場合はどうやら大容量のほうがいいみたいかな?
それにしてもiPhone 3Gは燃費悪すぎっす

次にバッテリー買うときは
SANYO eneloop 急速充電器セット N-M58TGS
の急速充電器も購入候補だね、2本だけなら倍速の100分充電も可能らしいけど、4本入れても200分だから十分実用の域だとおもう・・・・最初から充電器付がよかったかな・・・



トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/280-f5407620
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク