HDDがまた逝ってしまいました。
今回は使いすぎとかではなく、非常にタイミングの悪いフリーズで
大事なデータを保存しているHDDにデータを転送中のにフリーズした結果、
大事なデータのHDDがクラッシュしてしまいました。

データが読み出せない、chkdskも効かない、フォーマットも出来ないという最悪な状態からデータをサルベージすることに成功しましたのでやり方を書き残します。
※もちろん誰でも同じように成功するとは限りませんよ

■状況

・HDDを開くとファイル、ディレクトリ構造は読めるがデータにアクセスするとエラーとなる
・chkdskを行うもフリーズ、Safeモードでもchkdskではエラーで続行不可
・もちろんファイナルデータなどでもデータ救出不可
(というより時間が異常にかかって使い物にならない)
・フォーマットを実施するもエラー、結果HDDとしても読めなくなる
・パーテーション再作成もダメ

■対応策

ディスク構造的に壊れている=データが読めないという過程の元に何とかパーテーションを作り直し、フォーマットを行い読める状態に戻すことにする

・Kinnopixでのフォーマット

Kinnopixにて起動し、該当HDDのパーテーションを削除、ntfsでのフォーマットを実施
※QTpartedを使用する(Root ShellからQTartedで起動)

Kinnopix上ではマウントが行えるようになったが、得体の知れない「フォルダは開けません」って言うメッセージが出るが、とりあえず使えるっぽい

・Windowsでのサルベージ
今度はWindowsで起動してみると、案の定HDDはマウントされているようである。
そこでファイナルデータでクラスタスキャン>データの復元を試みる
(500GBのクラスタスキャンは12時間程かかったorz)

■サルベージ結果

結果的にサルベージ出来たデータで使い物になったのは約50%程
だが、フォーマットも出来なくなったくらいのダメージのHDDからのサルベージとしては上等であろう。もう少し時間をかければサルベージ率は上がるのだろうけど、めんどくさいからあとはまた作るよ


ちなみにHDDは九十九の延長保障に入っていたので修理・交換ということで話がついている
延長保障ばんざーーーい

###追記12/25###

24日から更に詳細にクラスタスキャンかけた結果、移動中だったデータ以外の全てのデータのサルベージに成功しました。
最初は時間の都合でオプション全部外してましたが、全オプションつけたがいいみたいですね。移動ファイルは元HDDに残っているからほぼ100%のサルベージ率となりますね。

Kinnopixとファイナルデータ復元、それにサンタさんありがとう!

トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/203-b2dacc5f
トラックバック
コメント
ちょうど僕も500G逝ったところでした
ちなみに九十九の保障があったのでサポートセンターへ送りました
データーの方はRAID1だったので大丈夫でしたが万が一というのも・・・
102. Hyoka | 2007-12-27 13:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク