久々の更新です

最近はWindows8.1もだいぶ普及してきて、なし崩し的にXPやVISTAは絶滅しそうな勢いですね。でも、最近のノートについてくるタッチパネル機能・・・(゚Д゚)ウゼェェェ

何でうざいかっていうと、客先で図面見ながら打ち合せするとき、「ここをね」って指さすと図面が編集されたりするw
もちろんPDFとかにしたもので打ち合わせればいいのだろうけど、実際は使ってる図面で絶えず修正しながら打ち合せするモンですよ

そして、問題のPCがSONYのVAIO
客が購入時に1920が選べる数少ない選択肢だったものの、こいつにもタッチパネルが実装

でSONYの文書を調べると
http://qa.support.sony.jp/solution/S1307050052045/

えぇぇ?
パソコン事業から撤退するからってあんまりじゃね?
ってことで、Windows8モデルのタッチパネルをオンオフさせる方法

■用意するもの
USBのマウスを1個用意します
これは失敗したときの為なので必須です。またマウスを刺すとタッチパッドが切れる仕様の方は、その仕様を一時的に変更してマウスもタッチパッドも両方使える状態にして下さい(ここ重要)

■作業
デバイスマネージャを開きます

デバイスマネージャからヒューマンインターフェイスデバイスを展開
その中にUSB入力デバイスがいくつかありますので1個ずつ無効にしてみます
※ほぼ確実にこれらのうちどれか1個がタッチパネルです
無効にした後、タッチパネル、キーボード、マウス、タッチパネルを触ってどれが無効になったか確かめます
タッチパネルじゃなかった場合、マウスやタッチパッドでもう一度有効に戻します(2つ以上同時に無効にすると悲しいことになるので必ず1個ずつ)

だいたい3個くらいしかUSB入力デバイスは無いはずなのですぐにどれがタッチパネルなのかは判明するでしょう
マウスとタッチパネルの両方を使える様にしておくのはどれか1個がUSBマウスでどれか1個がタッチパッドだからです(どちらか1個が生きていれば無効→有効は簡単にできる)

それにしても、やはりWindows8系はまだまだ使いにくいですね



トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/1342-c5dff84a
トラックバック
コメント
色々ありまして非常に困っていたので、こちらのとても分かりやすく的確な記述で、本当に救われました。心底より感謝申し上げます。本当に有り難うございました。極めて有益な情報、本当に有り難うございました!!
771. kentibikari | 2015-08-01 20:53 | 編集
困っていたので本当に役に立ちました!
ありがとうございました。
769. SAKI | 2015-05-20 14:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク