社内でiPad使う企業って増えてるよね

でもって、オリジナルAPPとかコピーされない様にiTunesじゃバックアップが取れない様になってることが殆どですわ(当然ちゃ当然だわな)

例えばちょっとしたミスでiOSのアップなんかかましちゃったら、いきなり該当アプリが消えちゃって大変なことにw
システム部がある様な会社だとすぐに対処してもらえるだろうけど、全国に支社が散らばっている会社とか、全部外部に投げている会社だと、Pad送ったり修理の稟議出したり、怒られたりと大変だ

そんな方の為に、アプリを他のマシンに移したりしちゃう技を伝授しよう

まず必要なのは該当のオリジナルアプリが入っているiPadなど

そして最新のiFunBox
iFunBoxがなにげにすごいのは、脱獄して無くてもAPP等のフォルダにアクセス出来てしまうことなのだ

んじゃ実際のやり方

まずPCと接続してiFunBoxを起動する
iFunBox Classicのタブでデバイスを展開し、ユーザーアプリケーションを開こう
ここには登録されているアプリがずらっと出てくる

そうしたらおもむろにアプリのタイトルの上で右クリック>.ipaパッケージにバックアップ...ってあるので選択

すると保存場所を聞かれるので、適当な場所を指定
しばらくするとipaファイルが作成される

今度はアプリを入れたいデバイスを接続し、iFunBox Classicのタブでデバイスを展開し、ユーザーアプリケーションを開く

次にユーザーアプリケーションの上で右クリック>Appのインストールとあるので選択
先ほど作成した.ipaファイルを選択するとインストールが始まる

ちょっとどきどきしながら待つとアプリのインストールの出来上がり!

これで始末書や稟議書、上司からのお小言からも逃げられるねw
あ、会社のシステムを離職と同時にどこかに売り飛ばすなんて非道な真似はしないでよ、絶対だよ!


追記
iTunesのバックアップが失敗するときにの対策
http://support.apple.com/kb/TS2529?viewlocale=ja_JP

「Lockdown」フォルダをリセットする
「Lockdown」フォルダをリセットすると、バックアップセッション開始の問題やバックアップ保存の問題が解決することがあります。新規ユーザでバックアップできる場合は、「Lockdown」フォルダをリセットしないでください。「Lockdown」フォルダの問題は、ユーザ固有の問題ではなく、すべてのユーザに発生します。「Lockdown」フォルダをリセットするには、次の手順に従ってください。

Windows Vista または Windows 7

コンピュータからすべての iOS デバイスを取り外して iTunes を終了します。
「スタート」メニューから「コンピューター」を開きます。
ファイルブラウザウインドウ (エクスプローラ) で、「整理」>「フォルダと検索のオプション」を選択し、「表示」タブをクリックしてから、「ファイルとフォルダの表示」オプションで「すべてのファイルとフォルダを表示する」(Windows Vista)/「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」(Windows 7) を有効にします。
「OK」をクリックします。
コンピュータ上の次のフォルダに移動します。
C:¥ProgramData¥Apple
「Lockdown」フォルダを「ごみ箱」に移動します。
iOS デバイスを再度接続して iTunes を起動します。

だとさ
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/1281-91c6ca5f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク