若かりし頃、サバゲーとかにのめり込んでた時期がある
今みたいに弾速を計ったりすることはなく、電動、ガス、エア(背中にボンベ背負ってたw)、コッキングが入り乱れてた黎明期・・・

当時は専門誌GUNにも数多くのガンスミスが広告を出し、当時埼玉にいた私はと静岡にあるショップまで通ったりしていたものである。当時は今の様にインターネットで簡単に情報交換などされておらず、各ショップが秘蔵のカスタマイズ技術を持っていた時代だった

最後にエアガンを買ってからすでに15年近くが過ぎた。その15年間、私の銃たちは埃を被りながら壁のインテリアとして部屋に飾られたままだったのだが・・・

今日、部屋の掃除の最中に壁も掃除するのでラックを下ろし、全部の銃を手入れしてみた

恐るべきことに、全ての銃が当時の威力を維持していたw
電動はバッテリーを繋げばすさまじい速度の連射や、カウンターウェイトに抑えられた鈍い連射を当時のままに再現し、嫁にばれるとやばい穴を壁にぶちまけてくれちゃったよw


ぶっちゃけ、おもちゃの域なんでガス入れたり電池繋ぐまでは壊れてると思ってた


そういえば最後にメンテした時も比較的良いオイルで各部を色々して、銃身には埃が入らない様にしたっけなぁとか思い出したよ
高倍率スコープやドットサイトとかレーザーサイトとかも出てくるわ出てくるわ


エアガンのガスなんて、今は禁止の旧フロンとかも出てきたし(威力でかいのよね)


さて、どうやって処分しようか・・・

トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/1205-53cebd52
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク