40代の私の日経のイメージと言えば新聞全盛時代の非常にクオリティの高い情報を提供する総合情報発信企業だった。20年前の日経コンピュータや日経ビジネスは、まだネットが普及していなかったこともあり、非常に有用な情報があったものだ

では今はどうか?

最近の日経の記事は「私個人」の感想としては信頼の置けない、ある意味日刊スポーツクラスの情報しかない気がしてならない

iPhoneにまつわる幾つかの飛ばし記事や(例のNTTの件ね)BYOD等の推進、あまりに使えないAndroidスマホのステマとも思える記事特集・・・一体、昔の硬派な日経は何処へ言ってしまったのだろうか?

もちろん今でも有用な記事や特集も少なからずあるが、ネットの速度にはついていけてない気がするし、どうも昔と比べると底の浅い、表面的な記事が増えた様な感じだ(広く浅くは昔からだけど)

それにしても最近のは酷いなぁ
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/1153-deb5a198
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク