新聞にStraiderの幼児の事故が載った
うちのババァはこれ見よがしに危ないから普通の補助輪付にしろと五月蠅いが、正直なところ回りを見て回れば、子供を自転車に乗せるに当たって何も考えていない親が多すぎる

確かにStraiderはブレーキ無しの自転車であり、大人視点から考えれば危険だろうし、車の走る公道で乗り回すのはよくないが、きちんと子供に教え、付き添って遊んでやれば危険は補助輪付自転車より少ない
でも、そうじゃない親が多すぎる気がする

まず、車重だがStraiderが3Kg程度に対し、補助輪付は軽く10kgを超す・・・つまり自分の体重と変わらない程度
そして幼児は握力が弱く、ブレーキレバーを握って停まるにはやはり危険でしかない
重量が重くなれば制動距離は長くなり制動力も必要になるっていうのを理解出来てないんだよね

また、坂道で事故を起こした例が新聞とかに載ってるけど、どれだけのスピードを出すと危ないかを親が全く教えてないとしか思えない

うちでは子供と一緒に自転車に乗るけど、交差点の前で止る、ミラーのあるところは気をつける、坂は親がOK出さなければスピードを殺しながら走る・・・なんてのは一緒に走りながらじゃなきゃ教えられない
子供が勝手に乗り回し、どんどん速度をつけてしまうような乗り方なら、おのずと限界が来たときに転ぶのは火を見るより明らかなんだけどね

うちの子はかなり厳しく教えてるので、基本的に4歳でも自転車で遊ぶときは

 ヘルメット(当然)
 長ズボン
 手袋
 きちんとした運動靴(脱げない)

は徹底して教えてきたし、最初からそういうものだと思っているので自分でつける
また結構速度の出る坂のある公園である程度の速度も体験させ、その坂を速度を出さずに走ることも教えている。だから一緒に走っていても、そこ停まってとか、速度落としてと声をかけると十分反応するよ

包丁だろうとハサミだろうと使い方を間違えたり、知らなければ危険なものだ
子供に道具を渡すときは大人が繰り返し使い方を教えて上げなければいけないのだが、ニュースではどうしても道具が悪いって書き方になるのが気に入らない

昔あったローラースルーゴーゴーの時のような気がしてならないよ
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/1145-f452cea6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク