ついに枝野が責任転嫁の最たる発言をし出した

--枝野幸男官房長官は「大丈夫」「安心」と言い続けてきたが訂正したらどうか

 「私のこの2週間の発言、記者会見の内容はすべてホームページで現時点でも公開している。私は今申し上げたようなことは、申し上げたことはないと思っている。その都度、あらゆる可能性や現状、その時点において『今、何をしなければならないか』ということについて、その時点における状況を踏まえながら、それぞれの時点における政府の判断を申し上げてきている。今、ご指摘いただいたような内容の発言はしていないと私は思っている」

 --「人体に影響が出ることはない」と言ったが

 「その時点で出ているさまざまな状況からは、現時点で出ることではない。ただし、今後の見通しについて、私は断定的なことはこの間、申し上げてきていないし、現時点においても、今後の状況については、あらゆる可能性を想定して、今よりも当然、原発の状況が良くなることを期待して、その最大限の努力を政府としてもしているが、状況が悪化して必要があれば、そのことについての情報データの公開は常に続けるが、必要があれば、その指示を今後とも政府としてしっかりやっていく。こういう立場だ」

 --放射能の数値は4日目に一番大きかったが

 「具体的にそれぞれの時点のさまざまな発表と、それから客観的なその時点での事実関係との違いについて、改めてご指摘いただければ、それについてはしっかりと専門家の認識を含めてご回答申し上げる。できれば文書で具体的にご質問いただければと思う」


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110325/plc11032518580033-n1.htm

まさに子供内閣&仮免許首相の本領発揮という感じだ
今まで散々、安全です、直ちに健康被害はありませんとか言って国民を謀ってきたものの、ついに隠蔽で隠しきれない事象が出始めて、責任放棄しやがった

なら、さっさと危険だから逃げろ、危ないから飲むなと言え!

今までは

野菜「万一、食べても影響及ばず」…官房長官

枝 野官房長官は23日午前の記者会見で、放射性物質が検出され、摂取制限が指示された野菜について、
「万一食用に供されたとしても、人体に影響は及ばないの で、安心してほしい。
ただ、今後も(放射性物質の検出の)継続が予想されるので、できるだけ摂取しないことが望ましい」と述べた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110323-OYT1T00412.htm

なんて言ってたし、水道水も同じだ。もちろん放射性物質による汚染もそうだ
なぜ政府は最悪の事態を想定して行動しないのか?
危機管理とは最悪の状況を想定した上で計画策定するものではないのか?
出来るだろう、止まるだろう等という一番いい方向で考えるものではないはずだ、最悪の方向に傾いた際の被害を最小限にとどめるのが目的だろうに・・・

すでにチェルノブイリですら収束した期間は過ぎ去り、世界最悪の原発事故となった
もし、10年後に日本が残っていれば史上最悪の内閣と首相として歴史の教科書に載る事は間違いない

鳩ぽっぽが史上最悪と思っていたけど、鳩はまだマシだったんだね
本物は期待の左斜めの更に上を音速で突っ切るぜw

「大丈夫?」っていうと「大丈夫」っていう。

「漏れてない?」っていうと「漏れてない」っていう。

「安全?」っていうと「安全」っていう。

そうして、あとでこわくなって「大丈夫っていったよね」っていうと「大丈夫なんて言ってない」っていう。

こだまでしょうか。

いいえ、枝野です。






トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/1097-131731a5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク