また口蹄疫についてです。すません
こないだの記事で終わりにしようと思っていましたが・・・

宮崎県の養豚場からのメール報告
http://www.47news.jp/feature/topics/2010/05/post_146.html


ニュースサイトの記事だから転載は控えるけど、現実問題として44例目の農場の経営者の息子さんからのメールだ
まずは呼んでみて欲しい・・・
この文章の中からだけでも理不尽な災害に対する苦しみと国への怒りがはっきりとわかる

また、こちらのムッチーさんの声も悲痛だ
http://green.ap.teacup.com/mutuo/

そして、国がどれだけこの問題を放置し、現状酷いことになっているのかを知って欲しい
政権与党は報道管制と情報統制をつかってこの件を出来るだけ表面に出さないようにしているのだろう

国内認定の取れていないiPadを国内に持ち込み電波通信法を率先して破る原口法務相はTwitterで

ありがとうございます。後手ではありません。発生後、すぐ私は指示をしています。風評被害が大きくなれば、さらに大きな被害となります。畜産と言う産業の性質上の問題もご考慮ください。
http://twitter.com/kharaguchi
等と未だにことの重大さを理解できていないような発言をしているよ。風評被害というのは情報が足りず、人々の根拠のない憶測が憶測を呼ぶことによるもので、きちんとした情報の提示が必要なことの上に、この口蹄疫という問題は、ただ単に宮崎県の問題ではなく、国際社会の中での日本の畜産物全てに関わる問題なのだ

既に日本からの輸出は停止し、アメリカなどの高級レストランでは売り物だ高級牛肉が入手できなくなってしまっている。九州でも市場を開催することが出来ず、出荷すら止まった状態となっている

なのに、7日に宮崎県を訪れた小沢幹事長はこう言ってのけた、

大変大きな県の課題


えぇぇ?
県の問題じゃないだろ
国が何かしてくれなきゃ出来ないことなんてたくさんあるのだよ
それ以上に選挙の話しかしないし・・・

また、5/1に経済連原種豚センター川南市場で、口蹄疫が発生しました。
これは豚感染2例目ではなかったでしょうか?
殺処分は5/1から処分開始されて、当日もしくは5/2には完了して、埋設されているはずでしたが、しかし実態は5/8に、はじめて埋め戻しをしていました、殺処分されてから5/8まで、埋設場所に穴を掘り、そこに殺処分された豚などを放置し腐敗がした状態で埋設したのです。

そして、そこの場長が言った言葉が「早く埋めてくれ、ウィルスがいるから」と、、、、
なぜ、すぐに埋設せずに5~6日間も放置したのでしょうか?
その間、GWでも堪能していたのでしょうか?

http://www.47news.jp/feature/topics/2010/05/post_146.htmlより一部転載

そして、この国の農水相は農林水産省口蹄疫防疫対策本部本部長という肩書きを持ち、この災害が起きているのを知りながら4/30から海外外遊へ行ったのだ
さらには5/8に帰国後も即座に現地入りせず、のんきに夕方には栃木県佐野市で選挙応援活動してたのだ
http://hamusoku.com/archives/3138815.html

この馬鹿が5/10に宮崎入りするが、自分は現地へも行かず、20日も災害対策に明け暮れる担当者を宮崎県庁へ呼びつけるようだ・・・いったい今更・・・
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/soumu/100508.html

そのスケジュールはこうだ

【明日※の赤松農相のスケジュール】
10時45分宮崎空港着⇒11時10分宮崎県庁着
⇒11時20分~12時に知事・議長意見交換会(in県庁)
⇒14時半~15時20分が九州農政局宮崎農政事務所での意見交換会、
15時半から記者会見 です。

おいおい
12時から14時半は移動と宮崎のおいしい昼食ですか?
少なくとも対策をどうという時間など全くないじゃないか?
せめて8日から泊まりがけ出来て対策ぐらいしろよ、本部長!!

そして、10日付でまた被害は広がっている

http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=25910&catid=74

日現在で家畜の殺処分や埋却などの防疫作業を進めているのは計31農場。殺処分対象の6万4354頭のうち、処分が完了したのは牛と豚合わせて1万22頭となっている。

まだ全然殺処分すら出来ていない状況なのだ、冒頭の牧場からの悲痛なメールはここに繋がってくる

発生から時系列の流れもまた出しておこう

4/20 宮崎県で10年ぶりに口蹄疫感染確認。日本産牛肉輸出全面停止
 政府、口蹄疫の疑似患畜の確認及び口蹄疫防疫対策本部設置
 赤松農水相、宮崎選出の外山いつきから消毒液が足らない報告を受ける
4/21 政府から指示なし、仕方なく現地で対応。消毒薬は現地の組合が用意したが不足
4/22 農水副大臣「現場の状況について今初めて聞いた
4/25 殺処分の対象が1000頭を突破、過去100年間で最多
4/27 東国原知事、赤松農水相や谷垣自民党総裁に支援要請
4/28 国内初の「豚」への感染疑いを確認
 自民党口蹄疫対策本部長の谷垣総裁、現場視察
4/29 農水副大臣が宮崎県出張。現場には入らず生産者への面会もなし。27日に知事が上京した時にした話を再び聞く
4/30 自民党口蹄疫対策本部、政府に42項目の対策要請を申し入れ
 対応を予定していた総理・農水相は当日になってドタキャン。赤松農水相は夕刻に南米へ外遊
 自民党、政府に6日7日の委員会開会を要求。政府は拒否
 民主仕分け組、口蹄疫により被害を受けた畜産農家に融資を行う中央畜産会を仕分け
 移動・搬出制限区域を宮崎・鹿児島・熊本・大分の4県に拡大
 自民党口蹄疫対策本部記者会見
 「10年前の感染の際はただちに100億の予算が確保され対策がなされた」
 「ところがこの段階になっても国から宮崎県には一箱も消毒薬が支給されていない」
 「この状況で農水大臣が外遊するとは自民政権時代からすれば前代未聞」
 「国からは消毒液一箱も届かず。国があたかも配ったように報道されているが、まったくの誤報

5/1 宮崎県、自衛隊に災害派遣要請を行う。
 総理、熊本県水俣慰霊式に出席。イグサ農家を視察、サインをせがまれて「い草と畳で友愛」。宮崎はスルー
5/3 感染17例目確認 殺処分9000頭突破
5/4 感染19例目確認 殺処分27000頭突破
 総理、普天間問題で沖縄訪問。宮崎はスルー。 舟山農林水産大臣政務官、デンマーク出張
5/5 1例目から約70km離れたえびの市で感染確認、感染23例、殺処分34000頭に
5/6 感染35例目確認、殺処分10000頭増加
 ウイルスが韓国や香港のウイルスと近縁であることを確認
 熊本県の家畜市場で5月の競り市中止決定。約18億円分の取引停止。
 福島みずほが農相臨時代理だったことが確認される
5/7 小沢幹事長、宮崎県訪問。『選挙協力要請』のため東国原知事と会談。「大変大きな県の問題」発言
 約20分の会談で東国原知事は小沢幹事長に農家の損失の全額補償など9項目の要望書を提出
 中村県議会議長(自民党)は出席を拒否される。
 小沢幹事長「口蹄疫対策は県の課題
 平野官房長官が関係閣僚に対策指示、自衛隊の追加派遣も検討
 感染43例目確認、殺処分59000頭に
 JA全農おおいた、5月の家畜市場の開催を中止
5/8 赤松農水相帰国、栃木県佐野市で富岡よしただの後援会に出席
 司会者「『後援会の為に』便を早めて帰国後帰国後直接ここ(佐野)に来てくださいました」
5/9 舟山政務官帰国予定
 東国原知事「報道されていないことについては、様々な理由があるとは思うが、確かに不思議に思う。」
 バンキシャ「赤松大臣はGWに一番長距離を移動した大臣。」
 感染56例、殺処分64000頭に
5/10 赤松農水相、口蹄疫の防疫対応等を把握するため宮崎県へ出張予定。秋田県への出張は延期。
 ただし現場には入らず、7日に小沢幹事長が聞いた話を再び聞く予定。

民主党のどこが国民目線なのだろうか?
脱税総理、脱法幹事長、電波法違反総務相、責任などみじんも無い発言の数々、国益を無視した施策・・・

挙げ句の果ては現大臣がこんど行われる子ども手当を始める前から、やり方自体間違いだったと認め、でも今年度はそのままやってしまおうとしていること・・・
http://www.asahi.com/politics/update/0509/TKY201005090281.html

そしてマスコミ・・・
もういい加減に偏向報道や報道しない自由とやらを何とかしないと、本当にTVや新聞は見捨てられてしまうぞ?
ネットは信憑性がない?その言葉、おまえらにそのまんま叩きつけてやるわ!




いろんな書き込みにどうせ殺して喰うんだからとかあるが、それは絶対違うぞ!きちんと食べられてまっとうする命と病気のため無駄に殺されてしまう命、そしてその命を奪わなくてはならない気持ち・・・
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/1026-242b6635
トラックバック
コメント
> 言論封殺という「最悪」の行動をとりました。
>
> 江藤拓 公式ブログ
> ttp://gree.jp/etoh_taku/blog/entry/438981698
>
> >今、古川・松下議員から電話をもらいました。
>
> 大臣と知事・議長との意見交換の場で、両議員が発言をしたら、「自民党議員の同席は認めたが、発言は許してない!」と止められたとの事。
>
> 2人から憤慨しての報告でした。
>
> 私が、そんな場面に出られなくて、2人には申し訳ないと謝りました。
>
> どれ程、悔しかったことでしょう。
>
国民からしていったいどうだったかを審理請求する制度はないものでしょうかね?
政治主導はごもっともな意見ですが政治家が馬鹿だったり何もしない際(つまり機能しない)の安全回路がなければ危険きわまりないです
しかも、この悪政が最悪あと3年も続くのかと思うと・・・・

久々に言っておきますが私はミンスが嫌いなのではありません。ミンスのやろうとするの本国民のためにならない政策と、情報統制をはじめとする独裁政権(単独政権や政権与党ではないよ)が嫌いなのです
あと、明らかに無能な政治家が政治に携わることもダメですな
671. たいちょ | 2010-05-11 06:17 | 編集
言論封殺という「最悪」の行動をとりました。

江藤拓 公式ブログ
ttp://gree.jp/etoh_taku/blog/entry/438981698

>今、古川・松下議員から電話をもらいました。

大臣と知事・議長との意見交換の場で、両議員が発言をしたら、「自民党議員の同席は認めたが、発言は許してない!」と止められたとの事。

2人から憤慨しての報告でした。

私が、そんな場面に出られなくて、2人には申し訳ないと謝りました。

どれ程、悔しかったことでしょう。

2010/5/10 12:52
670. さと | 2010-05-10 15:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク