新入社員「スパルタ研修」に批判  「餃子の王将」が釈明文掲載
http://www.j-cast.com/2010/04/27065521.html?p=all

この記事読んで非常に違和感を覚えた人も多いのでは無かろうか?
少なくともゆとり世代には、この程度の研修がブラック企業となるようだね

企業での新入社員の採用は非常にリスクの高いものである

何故なら、企業説明会を開き、採用試験・面接という時間とコストを使って採用しても、使い物になる前の1~2年でやめてしまったり、全然成長しない「ハズレ」を採用してしまったり、さらには仕事をぶち壊す・顧客に迷惑をかけるといった可能性が大いにあるから・・・

今の若い子たちは自意識とプライドと自己主張だけは強いのだが、勉強は出来るのだが客観的な評価も出来ないような人も少なくない(もちろん、そうでない人もいるが、かなり減ってきていると思う)
そういった新人に対し、社会で求められる常識的な事をたった数日で教え込もうとすれば、これくらいは必要なんじゃね?

ちなみに私が受けた某大手の新人教育はバブルのまっただ中だったけれど、ホテルに拘束で朝6時ランニングに始まり、夜は10時過ぎまでグループ作業などが続き、しかもそれが3ヶ月近かった。非常に厳しく電話の取り方、来客への話し方、名刺の渡し方、メモの取り方・・・凄く細かいところから、実際の仕事に関連するプログラムやグループでの企画の作成、プレゼンテーション資料の作成や発表など多岐にわたり教育があって、それは厳しいものだった・・・・けど、貴重な経験をさせてもらえたと思ってるよ

この手の厳しい訓練は、はたから見ててもわからないが、終わった後の達成感とか同期の結束とかは非常に強まるし、単なるいじめでやってる訳でもないんだけどね
(自分の時は真剣に受けないやつは就職取り消しという厳しい事もあったが、会社の指示に従わない以上仕方がないと思ったし、今でもそう思う。既に業務の一端として研修を受けて技能を習得しろなのだから)

今の風潮としては、こういうのが若い世代から受け入れられないのだろうけど、会社も取引先もこれくらいをこなせない、基本が出来ていない人間とは付き合いたくないというのが本音じゃないかな?
「知ってるから出来ます」ではない。周りから見て出来ていなければ、それは「出来ない、出来ていない」なのだ。

そういえば、昔、新橋の駅前で作文読ませられたなーw
トラックバックURL
http://kyounoare.blog117.fc2.com/tb.php/1012-281765ba
トラックバック
コメント
いわゆるゆとり世代の社会進出です
これから僕等もお世話になります
664. サム | 2010-04-30 00:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク