震災で被災し、新居に移転しなければならない方も多いかと思います。

ところが震災と言うことでNTTをはじめとした大手通信系は総務省より「現状復旧最優先」の通達が出ているようで、新規で申し込んでいた人は全て後回しになるようです。

うちも本当の引っ越し予定は5月中旬で移転扱いだったのが、予定日回答不明で最低2ヶ月後という事になりました。さすがに2ヶ月は辛い・・・でもWiMaXとかは転送容量制限もあるし、どうしようかと思っていたところ、「ソフトバンク エアー」というサービスに行き当たりました。

ソフトバンク エアー
http://www.softbank.jp/ybb/special/air/


提供エリア内ならコンセントに指すだけで使えるので、こういう場合には便利です。
速度については、

・下り速度:最大で60~70Mbpsの実測度結果もある
・下り速度:多くのユーザーで最大20~30Mbpsくらいは出ている
・下り速度:混雑時間時は5Mbp程度まで落ちるという情報多数
・下り速度:最低で1~2Mbps程度まで落ちたという報告もある

・上り速度:下り速度に対して数分の1程度しか出ない
・上り速度:多くのユーザーで最大5~10Mbpsくらいは出ている
・上り速度:遅い場合には2~3Mbps,時には1Mbpsを切る程度まで低速化

という感じで最低限の使用には問題なさそうです。

新居でネット環境無しで大変という場合はこういうサービスもいかがでしょうか?
ちなみに利用にはレンタル方式と購入方式がありますが、即日使いたい場合は購入方式しかありません。
すぐにネット環境が必要な場合、輸送が麻痺している現状では購入形式しかありませんが、
レンタル方式だと固定回線が来るまでのつなぎとして活躍できそうです。
2016-04-21 11:00 | 雑記とか愚痴 | COM(1) | TB(0) |
いやーやられましたよ。

平成28年熊本地震、震度7が出た益城のすぐ隣の我が家は、1回目で90cm水槽が横っ飛びに飛んできてベットに寝ていた私の上に直撃、ベット及び2階水浸し、1階その水が天井よりしたたり落ち、外壁に大きなクラック、肋骨にヒビ・・・

2回目の地震で玄関及び外壁崩落により半壊となりました。

6日経った現在でも余震は続き、痛んでいる家々は震度4クラスでl崩れおちるところもあり、非常に危険です。

ちなみに家に関しては引っ越し予定だったところに半月早く移らせて頂き事なきを得ています。

今回の震災で身に染みたことは・・・

・家の構造躯体の腐食対策がダメだと家が倒壊する(耐震とか関係なし)
・地盤が液状化すると家が壊れなくても住めなくなる
・2階建ては弱い
・瓦葺きは頭が重すぎて横揺れでも被害が大きい
・ブロック塀は背筋が入っていても長時間の震動では倒れる
・棚や箪笥は重くても倒れる
・水槽はかなりの確率で横に飛んでくる(同一経験者複数、水の揺れによるものと思われる)
・貴重品をもって逃げるには事前にまとめておかないと無理
・震災時にはdocomoは無能、au、ソフトバンクはかなり繋がった
・ブルーシート万能、一家に1枚は備蓄したい
・地震発生後は速攻で風呂桶に水をためるの推奨(トイレ対策)
・地震直後はコンビニ等が開いているので食料買いだめ
・地震直後にガソリンスタンドが開いていたら満タンにしてガソリンを節約
・車の中にブランケットは必須
・ガスコンロとボンベ3本くらいの備蓄も必須
・カンパンとかワロスと思っていたけど、やっぱ食い物がないのはきつい
・爪切りと耳かき(綿棒)も車の中にあると捗る

あぁ、考え出したらキリがないや
まだまだ余震が続く一方、先のが本心かどうかもわからん的な発表もあり、びびりまくり・・・

被災した方々に心よりのお見舞いを申し上げると共に
先の見えない避難生活を何とか乗り切りましょう

2016-04-21 10:16 | 雑記とか愚痴 | COM(0) | TB(0) |
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク