自重30kg近い電動アシストに乗るに当たって、ついに自転車保険なるものに加入しました。いままでも自動車保険のオプション的なので怪我とか保証はあったのですが、止まりきれないことや重力の罠(+30kg)に備えてauの100円保険に加入してみましたよ
※auもこれと同じようにiPhoneの回線整備すればいいのにw


今回契約した内容は非常に限定されていて、
個人賠償責任が1000万円出る。よっぽどの事ではない限りカバーできるかな?っと
死亡後遺障害保障が450万円もついてて、一括払いだとなんと1070円!
ただーし、自転車に乗ってたときのみって条件が付くんだね

で、更に調べてみると年間4500円で個人賠償責任が一億円、入院保障なども付いたコースがあることが判明
ぐぬぬ、最初からこれにしておけば・・・・

自転車の利用はますます増えるんだろうけど、高齢化やゆとり世代(自転車乗りながらスマホ操作とかな)が無くならない以上、自衛の対策も必要ですよね

追記

400mmのシートポスト届いたので基本的な改造については終了!
ちなみに30km/h巡航なんて無理w
24km/h程度なら普段より楽に走れるし、だらだら坂20km/h巡航も問題なし
まぁ、なんというか仕事に行くときに疲れない、汗かかないという環境を手に入れたって感じですか?
平地充電モードにすれば、スポーツクラブ気分が味わえるという特典付き!

IMG_0923.jpg
ぱっと見はクロスバイク、よく見るとママチャリ、更によく見ると電動アシストという変な奴。サドルバックを付けると、とたんにバッテリーが目立たなくなるんですよ

これから付けるとすれば、単機能の速度計とフラッシュライト、ハンドルバックくらいかなぁ?
2013-06-27 11:34 | 雑記とか愚痴 | COM(0) | TB(0) |
今日、客先から帰る時に既に降る直前という感じの湿度だったんですが、走り始めて5分で本降りになりましたorz
夕立とかそんな雰囲気は一切無く、しとしとと降り続く感じだったのでそのまま走行

今回は雨が降って気付いた点を備忘

■泥よけ効果がでかい
27インチというでかい車輪と、ママチャリ用タイヤの深めのパターンのせいでかなり水をまんべんなく飛ばしてくれるんですが、泥よけでバッテリー部とセンサー部はかなり守られていました
当初は前は外して後ろも鍵の辺りで切ろうかと思っていたのですが、前輪からフレーム下部へかかる量も結構半端無く、泥よけなしの運用はムリポと判断しました

■2WDは結構いい感じ
DTはへたれな前輪駆動で、坂道なんかは少し弱い感じなのですよ。やはり後輪アシストは坂道強いっていわれるのがわかる感じなんです。しかし、後輪アシストに負けないメリットとしての2WDは雨の日にはなかなかでした
自転車の大敵には、雨のマンホール、鉄板、排水溝の鉄製のアミなどがありますが、今日通過した感じではなかなかの走破性を感じましたよ(やっぱ近寄らないのには超したことありませんがw)

■現在おかしいかなと思う点
太陽電池で充電される、オート式の自動テールランプがついているんだ。こいつは暗くなって走行中にはついて、走行をやめると1分後には電気が切れる仕様なんだが、車庫に入れておいておくと一晩中点滅してやがるw
当然朝には電池が無くなり、深放電状態って訳・・・これマズイんじゃね?ってことで明日はパナのサポートに電話してみる

あと、変速は内装5速が採用されている訳だけど、4速に入れた際に時々かみ合わせが悪いことがある・・・かな?
他ではならないことから、ワイヤー起因ではないと思われるので、ギア類がまだなじんでいないのかも知れない。これについては週末まで様子を見て出るようなら修理なりをしないとね

また、結構頑丈1本スタンドがついているんだけど、こいつも重そうなのでなんとかしたいが、アルミ製のスタンドって大抵が耐荷重10kgなのでこいつじゃ耐えられないんだろうなー
2013-06-26 04:02 | 雑記とか愚痴 | COM(0) | TB(0) |
さて、日曜に仕上がった用に見えるDTで往復50kmほどの客先へ行ってみる
行きはほぼなだらかな登り(厳しいところ少し)、帰りはその逆的ななだらかな下り
(熊本知ってる人は市内から大津って言うとイメージわくかな)

バッテリー満充電(17.6Ahバッテリー)で出発
パワー・オートマチック・平地充電を切り替えながら走って小一時間、バッテリーは90%となっていたよ。
帰りはエコノミーと平地充電を主に使いながら頑張ったのだが、80%くらいの残量で戻れた
走行中にモード切り替えれるのは非常に便利で使えると実感した次第です

センサーライトは薄暗いと判断するとすぐつくので、バッテリーを温存したい場合はオートを切っておいた方がいいと思う

それにしてもやはり20kgを軽く超える車重は重いね
アシストで20km/hまでは楽ちんなんだけど、こいつで30km/h出すとか無理ゲーw
アシスト切れた瞬間に憑き物に憑かれたごとく重くなる・・・アシスト切れた分以上になんか負荷がかかる感じ

さて、今回の走行で気付いた点は、

○シートポストは最低350mm、出来れば400mmクラスを使わないときちんとしたポジションが出ない・・・
元のシートポストは短すぎで、それより長い300mmを付けてみたけど、きちんとポジションが出て無くて膝が少し痛くなっちゃった(;つД`)
とりあえず現在手に入る数少ない400mmクラスのタイオガを発注した

○ハンドルは横幅広すぎなので、結局は交換が必要かな?
また、ハンドル高はストッパーはついているぎりぎりまで下げたけどまだ高すぎ。どうしよう・・・

○PD-A530効果は著しく、平地充電しながら走ればかなりバッテリーを復活させれる。ただし、こまめなスイッチ切り替えが必要

まだまだ完成にはほど遠いね
2013-06-24 18:20 | 雑記とか愚痴 | COM(0) | TB(0) |
拍手の一つでもと書いたら、ポツーンと拍手が1個来てしまったので写真付きで公開

さて、色々パーツもそろい始めたので土日を使って、新たなうちのチャリになったリチウムビビチャージDT(以降DT)を改造してみました

購入前の妄想では・・・
DT.jpg
とこうなる感じです

変更箇所は、
カゴ、チェーンカバー取っ払い
シート、ハンドルバー交換
程度を考えていました
この時点では青が手に入ると思っていたのに、納期の関係で黒のなってしまったのは悲しい過去

実際の商品が届いてみると、シートポストは細く対応品が少ない、チェーンカバー内に各種センサーがある為、取っ払うのが難しい、ついているライトはかなりの光量で使い勝手がいいなど、電動アシストチャリ初体験では想像がつかない部分がありました

DSC_0638.jpg
まずはカゴを外した後のライトの処理ですが、ハンドルポストに付いているステー部にネジ止め。ステーを挟んでステン製の鋼板で挟み込んで固定という形です。さらにカゴに隠されていたケーブル周りの防水されたものも底に付けてまとめました
それにしてもこのライトの明るさはなかなかのものです。閃305を2個に対抗してもこっちの方が明るいです
フレームはカーボン調シートをはってエセカーボンフレームw

DSC_0639.jpg
次はペダルです。じつはビビチャージの売りである最大176kmの航続距離のチャージモードでは、平地をっは知っている間にも緩い坂道を上る程度の負荷がかかり続けるものでした(まぁカタログにも書いてあるんだけどね)
実際踏んでみると、結構な負荷で意識して回し続けないと速度が落ち、勝手にアシストモードになってしまいますw
なので、効率を考えたペダリングと日常使用を考えてPD-A530を装着してみました。なんか楽な道を選んだはずなのにSPD使ってトレーニングまで出来るとはさすがです

DSC_0640.jpg
シートはMCSELLE(マクセラ) EVA レーサーサドル ホワイトをチョイス
EVA素材で高級感はないけど破れないわ、そこそこのクッション性はあるわ、何よりも安い
現在、シートポストもショック付きのΦ25.4×300mm サスペンション付に変更されていて、大体ポジションが出ていますが、正直なところポストに関しては350mm以上を使いたいところ

DSC_0641.jpg
チェーンカバーは外すとセンサー類むき出しとなってしまうので取り外しを断念
17.6Ahバッテリーを搭載すると横に大幅にはみ出ているのがわかる

DSC_0642.jpg
今一番の悩みは泥よけをどうするか・・・
バッテリー付近は残さないとダメなので、鍵の辺りでぶち切らなきゃいけないんだよね。ソーラー充電式のテールライトか付いてるのでお悩みどころです。ですがこれを取れば前後で2kg近く軽くなるはず

DSC_0637.jpg
土曜日お昼の時点での中間の出来上がり具合はこんな感じ。まだシートが低くてママチャリ的イメージが強いですねー。
最終的には、これからシートポストを変更し、ハンドル周りでバーエンドの取り付けとグリップの交換が待っています

お昼休み休憩・・・・・・しまーす

DSC_0648.jpg
シートポストをショック付きにしました
なんせ車重が20kg軽く超える上、自分の体重も乗るのでここは出来るだけソフトにw

DSC_0647.jpg
ハンドルはストレートじゃなくてママハン系のアップハンドルではあるのだけれど、比較的使いやすそうなのでとりあえずこのままで試す。グリップを交換してバーエンドを付けたよ。握りにバリエーションが出て長距離が楽になるはず・・・・

DSC_0649.jpg

今日の時点での最終形はこんな感じ
出来ればハンドルを少し下げたいけど、今週はこの形態で行ってみようと思います
2013-06-22 13:49 | 雑記とか愚痴 | COM(0) | TB(0) |
先日報告した自称176km走れる回生充電付きのリチウムビビジャージDTがおうちに届きましたよ

巨大な梱包を受け取っての第一感想は・・・重すぎだろこれw

段ボール自体の重さも相まって約40kg超というモンスターっぷり

これから購入を考える人への指標として色々書いておこう

■フロントヘビーなんてモンじゃないので色々外す

日頃カゴなど着いた自転車に乗らないのもあるけど、フロント重すぎw
最初乗ってみて激しい違和感に襲われたよ。慣れればカゴに荷物入れて走っても大丈夫なレベルだけど、まぁ重すぎといわざるえない

フロント駆動の上、がっしり頑丈なカゴが装備されているからだなんだが、速攻で前カゴ、ステー共に外す・・・
偉い乗りやすくなった。ライトは結構いいのが付いているので、少し改造してそのまま装着(部品代128円)

■泥よけで悩む
基本泥よけを取り外したい人種なのですが、泥よけを取ってしまうとバッテリー部に水が思いっきり跳ねるダメ仕様になってしまう・・・
ハリアーなどを見てもバッテリー部にかかる部分はしっかり泥よけが付いていることから、非常に重要な部分かと考えられる
今のところは泥よけを付けたままで様子見

■SPD付けちゃった
一番もくろみが外れたのは、ビビチャージの売りである長距離モードは平地でも坂道走るレベルのキツさだったということ。正直に話すと平地充電は緩やかな坂を上り続ける感じで正直な話実用に耐えてないと思う。実際の運用は緩やかな坂を下る際に切り替えて充電を行うなどの使い方や、トレーニングとして負荷をかけた走りを狙うって感じかしら?
ってな訳で走行中にモードが切り替えれるので色々出来る訳だけど、平地を充電で走るには引き足も使いたいって事でPD-A530付けましたw
これで平地でも充電しながら走れるわ・・・本末転倒

■サドル周りはママチャリそのもの
サドル周りはなんともお粗末な、ママチャリそのもので、シートポストは短くて足りないわ、シートは座り心地重視でなんというか・・・ダメポだわ
で、シートを付け替えたけど伸ばしてもポジションが出ないのでシートポストを交換予定

■17.6AhバッテリーはDTにも付くんだけど
肝心の17.6Ahバッテリーは問題なくDTモデルにも付きました。ただし、カタログからだけでは読み取れなかった情報として、最上位のWTモデルには急速充電器が付属していて、DTモデルは通常充電器だったこと
したがって、8.9Ahのバッテリーは5時間で充電完了できますが、通常充電器での17.6Ahバッテリーの充電は10時間ちょいかかるという事です。まぁしばらくしたら持ち運び用に急速充電器を買ってしまいそうな気がします

■実走行について
まず気をつけなくてはいけないのは車重
10kg程度のスポーツ車からこいつに乗り換えると、何というか重厚感?みたいな得体の知れない重さを感じ(3倍の重さなんだから当然だ罠)、かなり違和感ある。近所乗り回すだけでもブレーキとか気を遣うよ。えらい重い
そのくせ、平地で一気に漕げばあっと言う間に20km/h以上が出る・・・ある意味免許制にした方がいいのかも知れないと思う(特にババァな)
実際の坂道では驚くほどその効果が高い。普段めっちゃきついレベルの坂を行きも切らさず登れたときは感動した。あと2~3年で今とは異なる瞬間ブーストや坂道だけブーストみたいな機能がついた新たなアシスト自転車が出てくるんだろう(そういう意味ではサンスターは頑張れ)

という訳で全体の改造が終わるのは週末かな?
誰か一人でも拍手が来たら画像のうpでもしようとおもう




2013-06-20 17:07 | 雑記とか愚痴 | COM(0) | TB(0) |
自転車通勤しています
客先も、極力チャリで行っている・・・んだけど、すでに四捨五入で50台orz

最近の悩みは近隣で知られる激坂でおばさんやおばあちゃんに抜かれることw
※朝の通学時間に女子高生に抜かれるのは、ある意味うれしい

そんな悩みを抱えつつ、ここ数年悩みに悩み続けていたんですが、ついに電動アシストチャリをポチってしまいました

数年前には中華製を購入したりもしましたが、バッテリーの持ちの悪さとバッテリー自体の劣化がもとであっと言う間にお払い箱に・・・・粗大ゴミで捨てたらあっと言う間に誰か持って帰りましたよ

中華製のせいでバッテリーが持たないイメージな電動チャリ(正確にはアシストね)ですが、現在最高位のものはなんと1回の充電で170km以上も走れる事を知ってしまいました

今回ポチったのはPanasonicのリチウムビビチャージDTって奴ね
こいつは最上位モデルより小さい8.9Ahのバッテリーが付いているのですが、いろいろ調べていくうちに実は最上位モデルのバッテリーが取り付け可能と判明
(非常にわかりにくくしているところにメーカーのいやらしさを感じる)

更にこのモデルは回生充電をするのだけれど、前輪駆動なのだ
前輪駆動、後輪駆動やクランクを駆動するタイプなどがあるけれど、はっきり言って2WOにも憧れていたんだ罠
まぁ一部ではアシストが少ないとか色々あるけれど、TUEEEEEEEEEってすっ飛ばす歳も遠く過ぎ去り、効率よく長距離走れるかって感じなので、少しのアシストが長距離続いてくれる方がいい

最上位モデルにはNKY454B02というバッテリー(メンドクサイから454)17.6Ah
今回購入したモデルにはNKY450B02(メンドクサイから450)8.9Ah
そしてどちらの互換用にもNKY384B02(メンドクサイから384)16Ah
が記載されてる訳・・・
つまり454≒384≒450ってこと?という訳で確認したら安いモデルに最上位のバッテリーが付くこと判明w

http://cycle.panasonic.jp/products/parts/battery.html

で、ここからが大事なところ
最上位モデルは人気ありすぎて納期が半月~1ヶ月、DTってモデルは即納
最上位はネット最安値(送料込)で14万円程度、DTは11万程度
17.6Ahのバッテリーはネットで3万円程度、DTの8.9Ahのバッテリーは35000円程度

つまり最上位の本体代14万に対して、
DTの11万+4万=15万で予備バッテリーがある最上位以上の環境

1万円の差で17.6Ahじゃないとしても予備バッテリーがあるのは大きな違い!

しかも、最上位モデルはリアキャリアやらドレスガードが付いているのだけど、購入したら取り払うの確定だから、元々リアキャリアの無いDTモデルの方が楽なんだよね

んでもってタイミングの良いことに楽天のスーパーセールに引っかかっているので、必需品や安いものを買ってポイントを5倍に引き上げてから購入、本体ポイント1500P、5倍ポイント1500×5=7500の合計9000P
※クレカ使わなければもう3000円ポイントが付いたんだけどね
つまり、最上位機種と変らない価格でバッテリー1本(8.9Ah 35000円)をゲットっってことになりました

一応、届いたら前カゴ取り外し、サドル交換(もしかしたらシートポストも)、チェーンガード取り外し、バーエンド取り付け、ペダルをA530あたりに交換という形で、完成予想図はこんな感じ

DT.jpg

ハンドルを少し下げなきゃダメかな?
2013-06-05 10:53 | 雑記とか愚痴 | COM(0) | TB(0) |
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク