カスペルスキーは今では有名になったけど、一昔前は設定の難しい緑のおっさんと呼ばれていた強力な部類のセキュリティソフト

で、このカスペルスキー君は色々癖がある

■システムの復元などを行った際に定義ファイルの何かが壊れる

システムの復元とかを行った後、ウィルス定義ファイルがおかしいってメッセージが出て、何度更新しても失敗する。結局の所は一度アンインスコ>再インストールを行わないと回復できない

■バージョンアップに失敗する

例えば2012を利用していて、よく2013にしろやーとメッセージが出るので、サイトに行って2013をダウンロードしてインストールしようとすると失敗する。何度やっても同じw
じゃぁと2012をコンパネのプログラムの追加と削除から削除しようとしても失敗する(;つД`)
結局の所完全削除ツールをダウンロードして使わねば削除できないw

■完全削除ツールが失敗する【最悪の事例】

完全削除ツールがフリーズしたり、何かのきっかけで失敗したり、まさかの停電で途中で止まった場合は最悪です。
なんと、カスペルスキーのドライバが変な形でのこり、今までの最悪な例ではマウスドライバなどを巻き込んで使用不可状態で起動する 。゜(゚´Д`゚)ノウンコ-
その結果どうなるかというと、タッチパネルやマウスが全く反応せず、ネットにも繋がらない状態になってしまう
一般の方ではもうシステムリカバリーしか手はなさそうな状態
ちなみに強者の方はGUIをキーボードで使うか、またはコマンドプロンプトで操作して再度完全削除ツールを使えばなんとかリカバリーできる

まぁ今日あったトラブルの備忘ですね

2013-04-06 11:41 | 雑記とか愚痴 | COM(2) | TB(0) |
最近、運動量が少なくて「どげんかせんといかん!」と一念発起し、新しいランニングシューズと体脂肪計とNike+ FuelBandを買った

このNike+ FuelBandはなんというか、ハイテク万歩計+時計といった感じで、歩数だけでなく加速度計を使ってFUELと言う単位で1日の活動量を計り、モチベーションを保ってくれるという優れものっす

まぁどんだけ活動してなかったかというと、最初付けた日は普通通りで過ごしたら・・・
一般の人は2000FUEL行くとか言うところを・・・600ですよw
1/3以下ってまずいよなと危機感を持ち、とりあえず普通の人の目標である1日2000Fuelを目指して頑張り始めた訳です

で、このNike+ FuelBandは一度充電すると数日分はデータを保持してくれるので、毎日同期する必要がないんだけど、今日4日ぶりに接続したらなんかエラーが出るw

やべぇと思って工場出荷時まで試したがやっぱりダメ
泣きそうになって(だって高いんだよ)よく調べたら、同期先のNike+の鯖が死んでたw

ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!
4日分のデータがパーだ・・・少なくとも今週はかなり稼いでたのに!
Nikeの馬鹿野郎!
鯖メンテの時はもう少しマシなメッセージを出しやがれってんだ

という訳で、Nike+ FuelBandをご利用の皆様
Nike+ FuelBandを同期すしようとして出来なかったからって即工場出荷時を試しちゃダメですよ。Nike+鯖が死んでいた場合は工場出荷時にも戻せなくてただのブレスレットへ早変わりですw

ちなみにNike+ FuelBandはまだ国内未発売です
一般的な日本人の方はサイズはM/Lを選んだ方がいいですよ、いやマジで
XL買っちゃいましたが手から落ちそうですw
今年の秋ぐらいには日本でも発売するとかしないとか・・・そのくせサイトはちゃんと日本語も対応してるし、FuelBandも対応済なんだよ。なぜ正式に発売しないのかな?

アベノミクスでどんどん高くなるから、欲しい人は今のうちだね
ヤフオクよりamazonの方が送料まで考えると安いかも

2013-04-06 00:01 | 雑記とか愚痴 | COM(0) | TB(0) |
未だに2008使ってるのかよとかは置いておいて・・・

久々にWindows2008 R2をインスコしたのだけれど、今まで使っていたComodo Internet Securityが通常セットアップでインストールできねーってはねられる

最後にインスコしたのは1年ちょい前だったが、その頃ははねられたりしなかった(但し、ダウンロードは32と64に分かれてた)ので、セットアップ前のシステム要件のチェックではねられているのだろう

みさきちゃん(MSE)は2008に対応してるって事だけど、あの強さじゃノーガードよりマシってレベルでしかないのでComodo Internet Securityのインスコにちょっと粘ってみる・・・

インスコ中に止まるという感じではなく、インスコ前の部分で止まる感じである為、インストーラーが展開したと思われるフォルダを検索

だいたいここら辺
C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Temp

ここにインストールを試した時刻のフォルダがある
家の環境では「7ZipSfx.000」というフォルダ
C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Temp\7ZipSfx.000

ここで、インストール手順の言語選択時に中を見てみるといろいろなファイルがあるが、インスコ失敗でOKを押すとかなりのものが消去されてしまうようなので、一旦インスコ失敗の状態でOKを押さずにのぞいてみる

検索で「*x64*」を行うとcis_setup_x64.msiってのがかなり深い階層にいるっぽい
※DOS窓で該当フォルダまで入っておいて「dir *x64* /s」で検索
家の環境では、
C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Temp\7ZipSfx.000\cis\download\installs\xml_binaries\cis\cis_setup_x64.msi

この状態で「cis_setup_x64.msi」を実行する→セットアップが動きましたとさ

ちなみにシステム変数でtempフォルダの位置を調べるには、ファイルを指定して実行に「%temp%」として実行
tempフォルダが開く。通常のWindows系のなにも聞いてこないインストール時の展開物は大体ここに入る。ここになかったら、タイムスタンプでCドライブ検索。
素性の良いインストーラは終了時に中身を消すのでインストール中のダイアログ(使用許諾とかのとき)に覗くこと

ちなみにインストーラがx64に分かれているものだとこの手法でインスコできるものが他にもあるかもね
※サーバに入れて使うかは別だけど・・・

ちなみにFileHippoから古いバージョンを引っ張ってきてインスコするって手もある
http://www.filehippo.com/jp/download_comodo/tech/10162/


2013-04-05 22:50 | 雑記とか愚痴 | COM(0) | TB(0) |
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク