「VMware Workstation」を前の記事で紹介しているのですが、今回面白い実験が出来たので、そのレポート。

実は最近のパソコンはメーカーさんとMSさんの都合により、OSがVistaしか対応してないものが多い。

あるお客さんがFMV-MG50Wっていうノートを購入したんですが、やっぱVistaの部分でソフトが動かないやらなんやらという、お決まりのトラブルに・・・

半年くらい前だと、VistaマシンでもXP用のドライバがすぐに見つかってXPに入れ替えが出来たものなんですが、こいつを調べてみたらどうも足りない・・・orz

でいろいろ試行錯誤の上、どうせXPも追加購入が必要なのでVMで提案してみた。

インストール&テストでは以下の様な感じ
#あくまで、現状の使い勝手なのでもう少し時間をかければ変わるかもしれないですが・・・

■PCカードスロットは認識できない
これはVM側の問題だと思われる、設定でハードウェアの追加にもないしね

■USBに関してはほぼ完全に使える
但し、抜き差しに関してはVMが起動した状態で実施したほうが確実

■サスペンドを使用した場合、ネットワークが接続できなくなることがある
今回のネットワークの設定はNATで行ったんだけど、サスペンドで終了して、再度立ち上げた場合にネットワークが繋がらない現象が出た。
VM内でXPを再起動すれば問題ないんですが・・・

■Vista側でのWindowsFWが邪魔しまくり
Vista側のFWが邪魔をして最初はDHCPからIPも拾って凝れない始末
やっぱダメダメだね

■認識しなかったハードウェア
・メモリリーダー
・PCカードスロット
・内蔵モデム
以上の3つはどうも認識しきれなかった

■動作状況
MG50Wはメモリが初期の1GBしか搭載していない状況で、XPには512MBを割り振った。

Vista単体で他に何も動いていなくても、Vistaは重くて使い物にならなかったけど、VMだけ起動させてXPを使用した感想は「快適」

512しかないメモリだけどAVGとZoneAlarmが常駐している状態でもさくさくブラウジングも出来た

但し、この状況でVsta側のWindowなどを表示させようとした場合、スワップしまくって使い物にならないw

VMを全画面にしてまったくXPとして使うなら十分に実用範囲ですね

クライアントにはメモリを1GB増設し、VMに1GB割り振るように連絡しときました



メーカーもダウングレード権とかつけて売ってくれるマシンも出し始めたけど、今後この手の問題ってもっと大きくなっていくんだろうね。

2007-10-31 01:06 | システム系ツール | COM(0) | TB(0) |
前回のアドエス関連の記事で書いた「今後の課題2」である、なにもプログラムが稼動していなくても、無限にPHSでのデータ通信を繰り返し、電話もかけれない状態になってしまう件が、原因と対処が現状でわかりました。

前回の記事:モデムと無線LANとパケット通信
http://kyounoare.blog117.fc2.com/blog-entry-185.html


今のところ検証及び再現が特定されたものとして、

Windows Live

初期設定のままだと、このメッセンジャーで一度でもログオンすると、プログラムを終了させても、毎回なにかのチェックに行くようです。
チェックに行ってネットワークが無いから即座にデータ通信開始!ってな感じですwww

これは、SEから見ればバグなんですが、Windows Liveがプログラム終了しても、内部のロジックではサインアウトされていないことが原因です。

プログラムを強制終了させた場合でも同じなようですし、違うマシンからそのアカウントにログオンしても、アドエス側はずーっと通信をし続けます。電池の消耗も激しくなりますし、電話も使えません。
(この場合、違うマシンからログイン状態を奪い取ってくれればもっと早く気づいたのですが、それはしないようです)

対処方法としては、

リセットボタンを押して再起動
#サポセンの最初のおねーちゃんのお答え、使えるか(#゚Д゚)ゴルァ!!

Windows Liveのメッセージの受信を手動に変更
#サポセンのおねーちゃんorz Liveの意味わかってるか?

Windows Liveでログオフしてからプログラムを終了させる
#メッセンジャーが原因とわかって試してみたらOKだった

※ちなみにサポセンの名誉のために言っておくと、他の担当者に聞いたらメッセンジャーサインアウトしてって即答で帰ってきたよw

というわけで、相変わらずMSさんの仕様ってすげーなーと思いました。

2007-10-20 10:02 | 雑記とか愚痴 | COM(0) | TB(0) |
巷で大人気な初音ミクですが、今こんな話題で大騒ぎ

【圧力?】「初音ミク」でイメージ検索かけてもヒットせず。さらにwikipediaからも削除【TBS?】
http://www.kajisoku.com/archives/eid1781.html


大手検索エンジンの検索結果の検閲や捏造?(コストをもらって検索結果の上位に恣意的にする)は皆さんのご存知のとおりですが、まさかここまでとは・・・・

マスコミの偏向報道なんて目じゃありません

いま、ネットはマスコミを脅かしているひとつの大きなメディアとなってきているわけですが、現在のメディアにはまだ放送倫理が伴うチェック機構が存在しているわけです。

マスコミにはチェック機構があっても今の状況ですが、大手企業に支配されている検索エンジンにはそれすらも無い訳ですね。

そんな中で、

●ー●ル八分発見システム
Project ∞Eyes(エイト・アイズ)
http://www.google8bu.com/8eyes/

●には「グ」をww

というプロジェクトが始動しています。

趣旨(転載)

>グーグル八分発見システム(通称、∞Eyes)は、検索エンジンを安心・安全に利用できる環境を、利用者自ら構築するためのプロジェクトです。現在、Googleをはじめとする検索エンジンでは、検索エンジン運営会社の利益的な都合により、検索結果の「検閲」または「情報操作」が日常的に行われています。何者かにとって不都合な真実は隠され、検索結果の偽装が行われていることが、様々な調査によって明らかになっています。日本では、検閲によって検索から外されることを、村八分をもじって「グーグル八分」と呼んだりします。

∞Eyesは、「グーグル八分」を見つけだすとともに検索結果の「検証」を行い、検索を必要とする全ての人に正しい情報を届けることを目標としています。


とりあえず、私も参加してみることにしました。
要するに多数のボランティア的な有志のクライアントで分散処理を行い、統計処理を報告させるようです(もちろん自動かつバックグラウンド)

クライアントを立ち上げていても気にならないレベルですし、これが少しでも本当の検索結果の知ることが出来る助けになればいいですね。

それにしても、このままだとロボコップやスーパーマンの世界のように一部の企業が世の中を全て支配してしまう世界がこないとも限りませんね。
2007-10-19 16:10 | ニュース! | COM(4) | TB(0) |
まぁ、マニュアルをきちんと熟読すれば問題ないんだろうけど・・・あの厚さが1.5cmの昔の国語の教科書のような厚いマニュアルは、そう簡単に読破できないw

なので、とりあえずなんとなく色々試して見ます。

今回は題名どおり、モデムと無線LANとパケット通信です

まず、基本機能なのはパケット通信でのインターネット接続

普通に繋がりました。

ここで注意しておきたいのは、Opreaを終了させてもパケット通信が切断されていない事。接続アイコンをタップして切断を忘れないように
(まぁこのままでもMAX3800円なんですけどね)

次に無線LANですが、
無線LANの電源を入れる(キーボードのFn+OKでON/OFF)

結構早くアクセスポイントを見つけてきました。

MACアドレスをルータに設定して、本体の接続設定にWEPを設定したらさっくり繋がりました。

っと、USB接続でActiveSync使用中はどうもネットワークの確立が出来ないっぽいですね(今後の課題1)

さすがに無線LANモードではストレスなくブラウジングできます。
メールもOKですね。これが都内だとFreeSpotなんかがあって便利なんだろうなぁ・・・田舎じゃ自宅周辺だけですわw

んじゃUSBモデムモードって事で、設定でUSBモデムに変更する
(ここがわからなくてやっとマニュアルを開きましたwww)
設定>接続>USB接続で使用する目的に応じて設定を変える必要があります。

USBモードで通信を行うと定額の上限が6300円になってしまうので、必要の無い人は試さないほうがいいかもしれません。

USB無線のアクセスポイントの設定を今までの遅い##61から##64に変更して接続・・・問題なし!

気持ち速くなった気がするが劇的というわけではないねww

モデム接続を切ってしばらくすると、なぜかピッチ接続しようとするw
そして接続失敗を繰り返す・・・
USBケーブル抜いても直らない(´Д⊂グスン

電源を切って入れなおす・・・
同じ動作を繰り返すヽ(´Д`;)ノアゥア...

悩む・・・・
激しく悩む・・・・
ネットワークの設定を見ようにも、すぐ接続不能のダイアログが出てなかなか先に進まないウワァァァンヽ(`Д´)ノ

サポセンに電話する

激しく運がよく1発で繋がる!

聞くと、どうも電源を切っただけでは携帯電話と違ってリセットされないらしい

恐る恐るリセットボタンを試すと再起動が始まって直りました。

でも、再現性があるようで、何かの拍子にモデム接続後にピッチ接続に行き失敗を繰り返すようです(今後の課題2)

_/_/_/_/_/モデムと無線LANとパケット通信のまとめ_/_/_/_/_/_/

とりあえず今回の実験でわかった事を備忘録でまとめておこう

モデムとして認識させるにはUSB接続の設定が必要
(Syncかモデムの2択で初期値はSync)

本体の通信設定にプロバイダを追加できる要素があるけれど、基本的に意味が無いので追加はしない事

無線LANでの使用は激しく消耗するみたい(今後の課題3)

PHSの接続は自動で切れないため、モデムで使用する際や無線で使用する際は切断しておくほうがよさげ
(自動切断ソフトがあるらしい)

USB接続中はUSB接続設定を変更できない

USB給電は各モードのソフトが入っていない限り給電されず、さらに設定でUSB給電をするにしないと給電しない

USB給電中でも無線LANなど激しく使うと電池の消耗のほうが早いかもしれない(今後の課題4)

ってな感じでした。

あと、カメラの保存設定はMicroSDにすべし!




2007-10-17 19:18 | 雑記とか愚痴 | COM(0) | TB(0) |
今まで約十数年エッヂを使い続けていました。
(最初はPHS+PIAFSだったんですよね)

そして、そいつはx1というあまりに遅い奴でしたが、出張の度にお世話になり、時にはその遅い速度で数十Mものでかいファイルを会社から送ってもらってその場を凌いだ事もありました。

今でこそどこにでも高速の回線やネカフェ、電気屋さんの光体験コーナーなどがありますが、十数年前はISDN黒電話が唯一の頼みの綱だったりしたわけですww

そんなエッヂの端末ですが、いつの間にかWillcomに変わっていたり高速化されていたりと色々進化しているんですね。

で、さすがに最近はメールのチェックも遅く、x4とかの端末に変えてもらおうとWillcomショップに行ってみたら・・・・Advanced/W-ZERO3 [es](アドエス)がしっかり置いてあるじゃありませんか!

近所のベスト電器やヤマダ電機にも無かったのに、さすが直営店!



普通はモックアップしかないんですが、お店のオネーサンに聞いたら自分の個人で持ってる奴を少し触らせてくれて・・・

いいじゃないですか!

今までPocketPCは初代ザウルスやCLIE、PocketGearなどを買ったんですが、いまいち使いこなせなかったのと、微妙に中途半端な大きさで、子供のおもちゃのごとくすぐに引き出しの肥やしとなっていたんですよね。
(初代ザウルスはフランスまで旅しましたよwフランスの田舎からインターネット出来て感動した記憶が・・・いや、自分じゃなくて嫁の友達が持っていったんですけどねw)

でも、今度のAdvanced/W-ZERO3 [es]はいい感じです。

・携帯電話としても十分使い物になる
(今のDocomoより安いし・・・)
・モデムとしても優秀
・モデムとして使いながらUSB給電できる
(PCから吸う訳ですが、CF-W2は電池を2本新調したばかりなんでダイジョーブ!)
・一つ前のW-ZERO3より高速(25%増らしいですよ)
・ジョグシャトルのように使える
(携帯もD-904iなくらいジョグ好き)
・キーボードが思っていたより使いやすい
・デジカメだってついてる
(130万画素でも十分でしょ)
・液晶がむちゃくちゃ綺麗!

ってな感じで店頭で見てる分ではぜんぜんよくって・・・
でも高いしな~とか思ってたんですよ。

で、普通のモデムのやつ買おうかと思ったら、Willcomになって料金体系が変わったのは知っていたんですが、

Wバリューセレクト

なんていう制度が出来ていて、

1世代前のW-ZERO3なら実質無料(キャッシュバックで相殺)
Advanced/W-ZERO3 [es]でも月々980円の負担ってな感じです。

でもって、更に気に入ったのが、W-VALUEっていう壊れたとき直してくれる制度!
こういうモバイル系のアイテムってキーボードが壊れたりとか色々するんだけど、それも全部無料で直してくれるらしい
紛失や水没の場合は2万円まで保証なんだそうだ。

料金プランもパケット定額を使えば使わない月は1050円に落ちるし、PC経由で使い倒しても6300円!

っていい事尽くめじゃんってことで、買っちゃいました!

RIMG0235.jpg


黒と銀でだいぶ悩みましたが、銀色♪
そして、速攻で2GBのMicroSDを投入(今までは携帯に入っていたww)

という訳で、これからAdvanced/W-ZERO3 [es]と関連ソフトや、自分で使ったTipsなども記事にして行こうと思います。

Advanced/W-ZERO3 [es]使いの方たちの情報も募集です。
2007-10-17 18:25 | 雑記とか愚痴 | COM(0) | TB(1) |
10月新作のアニメ「もやしもん」はちょっと変わった菌が絡むアニメ。
個人的に期待作なんですが、フジテレビがこんなの出してました。

ネットでカチャガチャ もやしもん 菌コロニー&マスコット
http://www.fujitv.co.jp/game/kamosuzo/index2.html


デスクトップアクセサリーの一種ですが、ネットガチャガチャと連携して菌を集めるだけでなく、集めた菌の特定のものが手に入ると、それがデスクトップ上の培養シャーレで繁殖し、コロニーを作成するようです。

さらに、同じ菌を一定数集めるとデスクトップマスコットとなりシャーレを飛び出して遊ぶようですw

激しく脱力系の菌のキャラがぬるい台詞を話したりして、結構いい感じです。

ネットガチャガチャは無料で1日5回まで引く事が出来ます。
今、うちで収集できているのはこいつら(10/13現在)
20071013044355.jpg

このなかのアオカビとラクチスが今はシャーレの中で動いていますw
20071013045818.jpg



詳しい説明は

http://www.fujitv.co.jp/game/kamosuzo/desktoptoy/howto.html

で、菌の寿命や色々要素があって面白そうですよ

さぁ、きみもかもそう!!



2007-10-13 04:58 | その他の便利ツール | COM(0) | TB(0) |
Schedule Board
http://www.rumix.com/sb/


実はこれ、うちのかなりのお客さんにも使ってもらっている。
正直、営業日報すらこれに変えてしまった会社もあるくらい使える。

フリーウェアであるので、画面の一部に広告が表示されるがそれも気にならない程度の大きさである。

何より、

  サーバを必要としない(データを共有フォルダに指定するだけ)
  軽い(すんげー軽い)
  使いやすい(5~60代の方でもすぐわかる使い安さ)
  スケジュールだけじゃなく物品(部屋や車)も管理できる

という優れものなんですよ。

f_main2[1].jpg


その他、

  起動したときに自動で表示する「お知らせ機能」
  特定の予定に対して表示色を割り当てる「タイプ別色情報」の指定
  休日データのカスタマイズ
  期間指定も可能な文字列検索
  CSVファイルのインポート/エクスポート
  線表の印刷

など、専用ソフト顔負けです。

インストール後、グループを作成する際に共有フォルダへ作成し、他のメンバーもそれを参照することでデータをグループウエアとして利用可能になります。

非常に詳細なPDFのマニュアルもあります。
http://www.rumix.com/sb/bin/download.cgi?file=sbmanual.pdf

有料の拡張キットでセキュリティとか色々機能UPも出来るようですが、2~30人程度の事業所では非常に便利な機能を満載してますので、ご利用になってはいかがでしょう?

また、サーバ(データの共有機)にセットアップファイルを置き、setup.iniに設定を行えば、各機自動で同じ設定を呼び出せるよう出来るようにも出来ます。

これは解凍後のセットアップの手順を見ればOK

事務員の人が誰がどこに言ったかとか?今日の行動予定はどうかとか、手軽に共有できて便利ですよ。手書きよりも楽チンだしね。
2007-10-10 12:31 | その他の便利ツール | COM(0) | TB(0) |
黒のほうでRARのパスワードがわからないというコメントが入ったので、

Advanced Archive Password Recovery
http://www.elcomsoft.com/download/archpr.zip


端的に言ってしまうとシェアウェアな訳だけれど、もちろん黒でそのサポートは忘れてはいないw黒に行って探してくださいな

日本語はサポートされていないけど、まあ大体の使い方は直感でわかる。

■総当たり攻撃(brute-force)
Brute Forceとは「力ずくで、強引に」という意味で、力ずくで暗号を解読して、パスワードを取得する攻撃であり、

非常に効率の悪い方法であるが、ネットでの攻撃では認証失敗回数制限によりIDが凍結されない限り、パスワードが取得されてしまう可能性があるね。不要なサービスの停止や、接続IPの制限などはこの為にある。

判明しやすい数字だけなどというのは、あっという間に解読されてしまう。

文字の範囲の指定の画面
チェックが多くなればなるほど時間はかかる
20071009163847.jpg


パスワードの長さの指定の画面
もちろん長ければ長いほど時間がかかる
20071009163853.jpg


■マスキング(Mask)
パスワードの一部の文字列が明らかな場合に使用できる攻撃

わかっている文字列を指定する画面
20071009163900.jpg


■辞書攻撃(dictionary)
半角英数で記載された単語の辞書を元にした攻撃。パスワードの取得のため、辞書ツールを使いあらゆる文字の組み合わせで総当たりを試みるよ。

辞書ファイルを設定する画面(2バイト文字に反応するかは不明)
20071009163908.jpg


その他、Plain-text、Guayanteed WunZip Recovery、Password from keys等のモードがあるけど、そこまで行く前に諦めなさいって感じw

設定としてバックグラウンドとHighがあるのでパスのクラックをするときはHighにして寝てるときにでもさせてみよう。

20071009163916.jpg


解析にかかる時間に関しては、少し古いが以下の検証を参考にして欲しい。

http://www.tokyo-pax.co.jp/200207.htm

実際やってみるとかなりの時間がかかるよ




2007-10-09 16:55 | 圧縮・解凍系ツール | COM(0) | TB(0) |
ちょっと、HDDを追加しようかと検索してたら、

1TBのHDDが3万円近くまで暴落してるじゃないか!

まぁ、320GBが8000円弱、500GBが12000円くらいなんで容量と値段だけ見たら数買ったほうが安いわけですが、

PCに積める台数は既に積みきってもう空きがないとか、外付けで裸でおいてあるHDDがごちゃごちゃって人(そうです、私ですorz)には

http://kakaku.com/item/05302515840/

価格推移のグラフに注目ね

一気に45000円くらいから3万円へ急降下

先週、危うく320買い増すところだった・・・危なかったw

というわけで注文ww

我が家のHDDはこれで2.5TB・・・バックアップ追いつかんよorz



2007-10-07 08:40 | ニュース! | COM(0) | TB(0) |
Torrentのクライアントでは、私はuTorrentを愛用しているわけだけども、マックユーザーだったりすると選択肢が一気に減ってしまう。
そんな中でマックでもWindowsでも、そしてLinuxでも動くAzureusは貴重な存在ではなかろうか?

Azureus(青蛙)はなんでそんなにいっぱいのOSで動くかって?それはJAVAで動くからなんだよ。だから、Azureusを使いたい場合は自分のマシンにJAVAをインストールしてやる必要があるね。結構な数の人がHPなどを閲覧してる最中にJAVAを既にインストールしてるとは思うんだけど、ない人は一応ここからダウンロード。

http://java.com/ja/

んでもって、青蛙ダウンロードはこちらから

http://azureus.sourceforge.net/

TOPページでOS判断されてそのOSのページ設定になってしまうので、他のOSのものをダウンロードしたいときは、こちら

http://azureus.sourceforge.net/download.php?os=1

現在はVer3.0だけれども、こいつは最初の見た目が動画サイトのようになってます。
普通のTorrentクライアントのような画面を出したければAdvancedというTABをクリックするとなんとなく見慣れた画面になります。

また、もともと重めなJAVAなのでもう少し軽い古いバージョンも公開されています。
(ていうか、接続相手を見るとみんな古いバージョンなのだけどw)

で、ここからが今日の本題です。

Torrentをやってるときに、ピアとの速度が気になっている人も多いのではないかと思うんだけれど、それにはいくつかの要因が考えられる。

1)相手のピアが上りを制限しているために速度が出ない
2)相手のプロバイダが上りを制限しているために速度が出ない
3)相手のピアまでの経路上の問題で(つまり遠い)速度が出ない
4)相手のPCが遅いので速度が出ない

なんて具合だね。
1・4の場合は手の打ちようがないんだけど、2・3の場合は身近なピアを探すことである程度回避できるんじゃないか?って原理で

近接したPeerに接続する事によるダウンロードの高速化

を実現することが出来るプラグインが発表されましたよってお話です。
(前振りが長かったなぁw)

問題のプラグインの名前はOnoといい、その概要は

http://www.aqualab.cs.northwestern.edu.nyud.net/projects/Ono.html

ダウンロードは、

http://azureus.sourceforge.net/plugin_details.php?plugin=ono

まぁ原理としては至極当然の考え方なんだけど、Torrentの考え方としては少しどうかなと考えてしまうところもないわけではない。
但し、近しいピアが速いというのは現実であり、イタリアさんのピアより東京の誰かのピアの方が速いのは事実なんだよね。

現実問題、自分ではVM環境にインスコしてみただけだけど、プラグインで色々なことが出来そうな青蛙も少し面白そうなので、もう少し弄んでみます。

プラグインの数々・・・

http://azureus.sourceforge.net/plugin_list.php

うぅ・・浮気してしまいそうww




2007-10-04 02:47 | Torrentクライアント | COM(0) | TB(0) |
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク