酒の肴で簡単かつ好きなものに卵料理があります。しかも材料代が安い

そんな中で重要な調理過程にゆで卵というものがあります。しかし、このゆで卵・・・卵が新しいと皮が剥けにくかったりとか悩ましいことこの上なしなんですよ。特に最近は流通や商品管理がしっかりしていて、少し古めの生卵なんて滅多に買うことが出来ませんw かと言って卵を放置プレイで1週間とかおいとくのもやだし、なんと言ってもすぐ作って食べたいし・・・

と、そんな生活の中でついに究極のゆで卵の作成方法を発見(?)しました

発見のきっかけは味付け煮卵作成の際のゆで卵を剥いているとき
相変わらず近所のスーパーは新鮮取れたてを売りにしてるだけあって、殻が上手く剥けず卵サラダ候補が量産されている最中に、何故かつるりと傷一つ無く剥ける個体が!

その後の剥き作業から作業に入る前に卵の状態をよくチェックしてから剥いていると、一つの法則がありそう。それはつるりと剥ける個体は殻にひびが入っていたって事です

まさか、ヒビとつるりの間に何か因果関係があるのか?と一番近いセブンイレブンで卵を追加購入(この時点で20個目w)卵の殻にヒビが入るように熱湯にしてから卵を入れたりして追跡調査(知られてないけどセブンの卵もかなり新鮮)
確かにヒビが入った卵は剥けやすい!が、熱湯につけると白身が飛び散ったりしてまん丸にならないものも出てくる!

と、ここでついに3パック目に突入
今度はいつも通り水から茹でるのだけど、事前にかすかに殻にヒビを入れてみる

・ピックで小さな穴を空ける→穴あけ激ムズ
・包丁の背で軽く叩く→たまに力加減で白身が出る

と、なかなか上手く行かないので、卵のWikiを参照、なんと発見と思っていたことは既にWikiに掲載されていたorz

新鮮な卵が剥きにくいのは、卵白に含まれている炭酸ガスが気化・膨張することにより内部の圧力が高まり、卵白と薄皮がくっついたまま凝固するためである。そのため、ゆでる前に気室側に画鋲の針などで小さな穴を空けておくとガスが抜け、また加熱完了後に水が内部に入るのでむきやすくなる。小さめの火力で加熱することにより、急激な圧力上昇を防ぐことも有効である

と言う訳で、完璧なゆで卵の作成を会得したわけですが、30個ものゆで卵・・・15個はゆで卵に、最初の10個くらいの剥きそんじは卵サラダ、5個は塩かけて酒の肴となりました

明日は半熟煮卵が出来上がります
2012-07-03 09:16 | 【酒の肴】 | COM(0) | TB(0) |
さて、昨日冷蔵庫を占有するものを禁止されてしまった訳ですが、今日は半日~で出来る簡単塩辛です

材料

甘エビ(冷凍物で十分)
ホタテ貝柱(甘エビと同量くらい、冷凍で十分)
柚胡椒(無ければ柑橘の皮少々)

日本酒少々

作り方

甘エビはしっぽを取り、1匹を半分くらいにちぎる
ホタテも甘エビくらいの大きさに手でちぎる
※手でちぎるってとこ、結構ポイント

日本酒を少しまぶして混ぜながら塩を振ります
※塩加減はお好みですが少しずつ入れる方が吉

IMG_0087.jpg

最後に柚胡椒を少し足して香りを付けます

半日程度で出来上がりです、但しエビと貝の塩辛という性質上、非常に足が速いですので1~2日で食べきれる量にすることをオススメします

そのまま食べても美味しい肴となりますが、お茶漬けや熱々ご飯にもぴったりです
2009-08-08 12:05 | 【酒の肴】 | COM(0) | TB(0) |
さて、第2回目は

【車エビの味噌漬け】

です。私の住んでいる所は車エビの産地でもあり、そこそこ大きいものが大体1匹160円程度で手に入ります(もちろん活きています)そこで、今日は車エビの味噌漬けを仕込みましょう。日数的に3日程度必要ですし、お盆用も来るので実家にも持って行く事にして、少し多めに漬け込みます

#嫁から冷蔵庫内で邪魔だから漬け込み系は食べ終わってからやれと、教育的指導が入りましたorz

【材料】

車エビ(有頭のブラックタイガーでも可)適量(一人前が2~3匹になります)
日本酒(安いものでかまわなく、500mlほど)
みりん
味噌(お好みで赤味噌でも白味噌でも)
砂糖
タッパー(100均で売ってる広めで高さが4cmくらいのものが便利)
http://www.do-yo.tv/search/6/748/704/item.html
ボウルとそれを塞げるくらいの蓋(まな板とか)
ガーゼ(タッパーぐらいの面積を2枚

【作り方】

1.エビの処理

(1)車エビを軽く水洗いする
(2)大きめのボウルに車エビを入れる
(3)蓋を準備し、日本酒をどばっとかけ、蓋をする
※速攻で蓋をしないと車エビが暴れて飛び出します
(4)30分ほど漬け込む

2.味噌床の作成

味噌にみりんを足して練る
※量的にはタッパーに2cmくらい敷き詰めれる量
※堅さは好き好きですが、余り柔らかすぎだとうまくつからないので、市販の酢味噌より少し堅いくらい
※甘さはお好みで加減、みりんを使うと焼き上がりがテカテカで美味しそうになる
※柔らかさが足りない場合は日本酒で調節

3.漬け込み

(1)タッパーに1cmくらい2で作った味噌床を敷き詰め、その後ガーゼをしきます
※ガーゼは2重じゃなくて1枚ぺらぺらでOK、また無かったら無くてもOK
(2)1の酒でしめた車エビをまっすぐに伸ばして敷き詰めます
(3)エビの上にガーゼを敷きその上から残りの味噌を敷き詰めます
(4)敷き詰めたタッパーを軽くとんとんと叩いて空気を抜きます

4.漬け込みと焼き

今までの実績的に冷蔵庫内で1週間くらいの漬け込みが一番美味しいようです
1週間を超えて保存する場合は味噌床から取り出して保存した方が味が濃くなり過ぎなくていいかな?

ガーゼをつかってる場合は取り出してそのまま焼けますが、ガーゼなしの場合は付いている味噌を軽く洗い流します

焼く前にしっぽの先から竹串を刺し、軽く炙る感じで焼きます
(味噌が付いているので焦げやすいのに注意!)

味噌漬けとなった事により、殻が柔らかく殻ごと食べる事が可能です

5.その他

ブラックタイガーを使う場合はきちんと解凍後、水で洗った後に日本酒で洗います

先に串に刺し、加熱してから味噌漬けにする方法もあるようですが、個人的には生から味噌に漬けた方が好きです

浸かりすぎで味が濃くなってしまった場合や、堅くなってしまった場合は日本酒に漬けると味と水分が戻ります





昨日の黄身がまだ完成していないのに、既に一個食べちゃったのはヒミツw
2009-08-07 12:24 | 【酒の肴】 | COM(0) | TB(0) |
記事検索
カウンター
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめサイト更新情報
相互リンク