おすすめサイト更新情報

Windowsのコピー機能をTeraCopyに置き換えて高速化しよう

こないだポチってしまった2TBの大容量HDD
デカイのはいいのだけれど、まずフォーマットで泣いた・・・
だって6~7時間ですよ

まぁフォーマットは時間はかかったものの放置で終わったのでよしとして、問題はHDDデータの移動

今回は

 1TB(使用中)→2TBに交換
 1TB(あいた奴)→620GB(使用中)と交換
 620GB→データ保管用として現在HDDにある各種データ用

と言った予定にしており、単純計算で2.2TBのデータ移動が発生する事になる
今までのHDDの最大容量は1TBだったのでこれほど多くのデータを移動するのは初めての経験だったが、やっぱいろいろありました

まずは、

 コピー(移動)にすさまじく時間がかかる
 大量にコピーをしてるとリソース不足でコピーツールが止まる
 コピーが成功してるのかどうかチェックする必要なものもある

なんて感じです
一応、今までは有名どころのFileFileCopyを使っていたのですが、リソース不足で止まるんだよね
いや、リソース不足になるのはわかる、うん
こんなに大量のファイルを一度にってのが無理があるんだよな、でもコピーする方としてはすべてを選択→コピーってしたいじゃんw

4時間とか出るから小一時間放置で見てみたら止まってるってw
メモリクリーンとかを併用しながらしたものの、一旦リソース不足が出るとメモリ内部のフラグメンテーション以外も関係するようで、リソース不足で止まるのが続いたりする(止まらないで進むときもあるからたちが悪い)
#パンドラの箱の一番最後の災厄が希望って言うのを身をもって体感したさ

さて、そんな状況にしびれを切らしてTeraCopyを導入してみました

http://www.codesector.com/download.php

インストールは普通にw
インストール後、コピーとかせずにTeraCopy単体で起動します

でたウィンドウ上で右クリック>Optionsを押します

Prefarences画面が開きます

イメージ133

Register Copy Handlerボタンを押すことでWindowsのコピー機能がTeraCopyに置き換わるのですべてのコピー・移動操作が高速化されます

それ以外だとMiscの所のAlways test after copyのチェックを使用状況によって使い分けるくらいかな?
因みにコピー中のダイアログでも変更できるけど、コピー前に変更しておかないと適用されない(当然だ罠)

でも、このTeraCopyでもやっぱリソース不足となると止まることはある

コピーが止まっているようならダイアログのMoreボタンを押して状況を把握しよう
リソース不足以外でもリードエラーなど情報が見えるし、コピー後にベリファイなどが指定して可能
重要なもののコピーの場合などはここをチェックしておくと便利

そして尾中で止まるのにしびれを切らした私は何をしたかというと・・・


こいつ使ってもコピーに5時間とか出たのでTrueImgeのディスククローンをやってみた・・・
ええ、コピーできましたが・・・コピー前に再起動されてWindows起動前の青画面でのコピーだったよw
つまり、コピーが終わるまでの約5時間はWindowsも起動していない何も出来ないって事だったんだ~~

おかげで仕事が出来ず、夜遅くまで残業する羽目になっちまいました
TeraCopyで4時間を選んどけばよかったw

大容量のHDDを導入する場合にはこんな苦労もあるんだなぁ 役に立ったりよかったと思ったらポチ!
ブログランキング・にほんブログ村こっちもついでにポチ!っとすると(* ^ー゚)

【必須】SSDでもデフラグはやはり必須

少し前にIdeaPadにSSDを搭載して、客先の作業なんかに使っているんだけれど、SSDで速かったのがやはり少し遅くなってきた気がする

SSDでもデフラグが必要という記事は少し前に読んだんだけど、半信半疑でまだやってなかったのよ

だけれども、先週の動画作成のようなファイルいっぱい操作するようなソフトと、メモリ使い切ってキャッシュ使ったりした作業の後からどうも遅くなった

イメージ的には起動時・終了時の時間が10%程長くなったように感じるのと、何かの拍子に本当にプチフリを起こし始めたです
もとが激しく快適だあったが為に、プチフリが出てしまうと非常に気になります。いや、はっきり言ってイライラしますww

ので、いろいろと試してみると、やはり同じ疑問を持った人柱たちが多く玉砕をしていますね。そのなかでも秀逸なのが

SSDにおける断片化の影響について
http://d.hatena.ne.jp/Lansen/20090211/1234373179


結論:SSDだからこそデフラグは要ります。でも条件付
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2009/03/ssd-3f22.html


orz
やっぱり断片化が原因なのでしょうね

と言う訳で、騙されたと思って

断片化ファイルだけを最適化できるデフラグソフト「Defraggler」正式版
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/08/21/defraggler.html


を実施してみました



体感できるほどの違いです
引っかかりもなく、さっくりと動作しますよ旦那!

温度等の問題などから変更したSSDですが、まさか変更してから2ヶ月たたないうちにプチフリにおそわれるとは思いませんでしたが、このような手間が発生しようとは・・・(うすうす感づいてはいたのですけれどね)

と言う訳で、レポートという訳ではありませんが、ネットブックをSSDかする事に対しての現状での換装は、

良い点
・熱によるHDDの問題は気にしなくていい
(IdeaPadではすぐにHDD40度が50度超えます)
・起動等は馬鹿っ速くなる
(うちのはRamDisk作ってレストアしてくるのであまり変わらないけど、というかその分速いか)
・ソフトの起動はマジで一瞬、Atomだからのろいって訳じゃなく、十分使えるレベルになる

悪い点
・SSDの換装では通常のディスクイメージでの移行はうちでは出来なかった
(SSDにインスコしたもののイメージではレストアできる)
・HDD寿命管理ソフトは使い物にならない
・やはりプチフリは発生するので、定期的なデフラグが必要

個人的には遅くて使えないかなと、なめていたネットブックがSSDにすることにより、十分使えるマシンになった事は高く評価しますが、プチフリなどを含めて考えるとまだまだ人柱の人専用のオモチャの域を出ていない気がします

特にデフラグによって速度を回復するモノの、デフラグによって寿命を縮めかねないという、ダモクレスの剣をどう対処するかが問題ですね

あ、ちなみにSSD対応のデフラグモードを持つというPerfectDisk Professionalの検索結果はこちら 役に立ったりよかったと思ったらポチ!
ブログランキング・にほんブログ村こっちもついでにポチ!っとすると(* ^ー゚)

Windowsのパスワードがわからなくなった・・・んだってさ【Passware】

今日、お客さんから電話が来た

1週間ほど海外旅行してきたら(良い身分じゃのぅ)XPのログインのパスワードがわかんなくなっちゃったテヘッだとさ

しかも会社のじゃなくて個人のだというので、んじゃSafeモードで入ってパスワード変更したらって教えたら、Safeモードでログインする際に、Administratorにもパスワードをかけてるときたもんだ

・・・もちろん、そのパスワードすら忘れてる始末

再インストールしやがれって電話で言ったが、どうしても必要なものがあるからって泣きが入る

仕方ないのでOphcrackを落とそうかと試してみたら・・・すっげー遅くて14時間とか出やがったorz
じゃぁTorrentではって探してみたら、案の定ありましたよ、しかも種16くらいなんだけど1時間くらいで落ちてきました。こういう使い方だとP2Pの良い面も感じられるね

Ophcrackは現在はVista用、XP用のISO形式とOphcrack単体での実行系形式が配布されているわけなんだけど、ISO形式のサイズだけで見るとVISTA用はXP用より100MB近くでかいんだな
#必要なOSに対応したモノを事前に持っておくほうがよさげだったので、今回は両方作ったよ

また、ISO版や実行系の単体では、パスワードの桁数制限があるんだけど、その桁数制限を広げるAvailable table setsってのもある
#基本はHashみての総当りなんだけどさ・・・

自分のPCならLinuxベースで入ってUSBでOphcrackを動かせば楽勝なんだけど、他人のPCの場合はそうは行かないので、CD作成後に郵送

ちなみにOphcrackを起動する際はVGAモードで起動するのが間違いないですよ~

ちなみに初期で解析できるのはLM Hash (LAN Manager Hash) で保存されている英数字 のパスワードのみ(14桁まで)。 英数字の Hash Table を使用するため、記号(#,$.@等)が含まれているパスワードについては解析不可
また、テーブルセットをダウンロードすることで英数字以外の記号、ならびにドイツ語の文字列でも解析可能になります

関連記事
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070816_ophcrack/

Gigazineの記事まねてUSBで起動できるようにしとこうかな?MicroSDも激安なことだし
と、思っていたんだが・・・・


##追記(というかここからが本番)

Ophcrackを自分のマシンでのパスワードは出てこなかったんだけど、使い物になるのかな?
と言うことで、いろいろやってみると思ったよりダメダメっぽいw

仕方がないのでそれ系のツールって言うのを探してみると、世の中には、

O&O BlueCon

Windows Key
※英語名はPasswareって言うらしい

なんてツールがあるようですな。

パスワードを解析するより、初期化してもう一度設定しなおそうという発想ですわ
まぁ人のPC盗み見るとかじゃなく、パスワード紛失の場合はこういう再設定のほうが無駄な時間を使わずに良いんじゃないかな?

検索してみるとこんなに親切な人たちが(ry
http://www.torrentz.com/ 役に立ったりよかったと思ったらポチ!
ブログランキング・にほんブログ村こっちもついでにポチ!っとすると(* ^ー゚)

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
ここを管理してるのは?
たいちょ
Torrentやってみようと思ったら、思ったより情報がすくなかったんで、調べたりしたことをまとめてみましたよ
最近はiPhone 3Gと脱獄に夢中

ランキングもよろしくです。
ブログランキング・にほんブログ村

最新記事

新バナー

記事検索

カテゴリー

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

クレバリー